2017年05月06日

陽の当たる場所(作詞・作曲:真島昌利)

長らく更新を止めていた、こちらの全曲解説ですが、
未発表曲があり、それをやり切ると言いながら放置していたので、
やりきります。

また、ブルーハーツが30周年を迎え、
ありがたいことにこのブログも多くの方に見てもらえるようになりました。

そして振り返って自分の当時の見解を見てみると、
「この曲に対して、そう捉えていたのか」と、今とは全く別の解釈をしていて、
特に浅かったな、と思う解説も多いです。

なので、解説内容をリニューアルして、再アップしていこうと思います。

今回は「陽の当たる場所で」

まずびっくりしたのですが、youtubeに高音質の音源がアップされていました。



自分が過去に聞くことができた音はかなり低音質で歌詞カードを見ない限りは何を言ってるのか
わからないものだったので、是非皆様も聞き直してもらえればと思います。


Aメロ。


キレイな服をいつも着ているね
キレイな靴をはいてる
キレイな車乗り回してるね
キレイなネクタイしめて

確かにあなたはキレイだけど
確かにあなたはキレイだけど
美しくはない



何だろう、当時歌われたのは1986年ぐらいのことらしいが、
いまにも完全に置き換えられる(笑)

そして、「キレイ」と「美しい」に言及している、最初の曲であるということ。


というのが、ハイロウズでまたここに触れているのが「タンポポ」

キレイじゃなくても美しいものが僕は欲しいんだ


作詞は同じくマーシー。

このキレイ、と美しい、に対してマーシーが明らかに違いを感じていることがわかる。

これを聞いた時、自分としては「は?」と思った。

つまり、キレイと美しいの違いを意識したことがなかった、というよりほぼ同じだと思った。

しかし、そこは日本人の心、わび・さびのように繊細な感性を持って感じれば、違いがわかる
はずではないか、と思い、考えるのではなく、感じようとしてみた。

そこで、考えた現在の結論としては、「キレイ」は見栄えを良くして形を整えたもの。
「美しい」は、ありのままそのもの自身の形で、その個性を発揮しきっているさま。

確かに、女性でもキレイじゃなくても、美しいと思う人もいるし、その逆もある。

さらに、マーシーはもしかしたら、いやかなりの確率で「岡本太郎」にインスパイアされているのではないだろうか、
という仮説がたった。

「今日の芸術」という彼の著作の中に、こんな一節がある。

「真の芸術はきれいであってはならない」ということに移りましょう。きれいさというのは、芸術の本質とは無関係だからです。「ああ、きれいね」といわれるような絵が、絵そのものの価値ではなく、たいてい、中のモデルによって関心をひいていること、あるいはたんに心持のよいモダニズムにすぎないことは、すでにお話しました。「きれい」とはつまり、ただそれだけの単純な形式美をさしています。(中略)「美しさ」はたとえば、気持ちのよくない、きたないものにでも使える言葉です。みにくいものの美しいものというものがある。グロテスクなもの、恐ろしいもの、不快なもの、いやみったらしいものに、ぞっとする美しさというものがあります。美しいということは、厳密に言って、きれい、きたないという分類にはいらない、もっと深い意味をふくんでいるわけです。 (今日の芸術/岡本太郎)



芸術論にまで飛躍させているわけですが、この初版発行は、1979年。
この本を読んで、感銘を受けたマーシーが作った歌詞が、この「陽の当たる場所で」であることは可能性としてはかなりあり得る話なんじゃないかと。

他にも、岡本太郎はこのような言葉も残しています。

「美しい」ということと「きれい」というのはまったく違うものであることだけをお話しておきたい。
とにかく、美しいというのは、お体裁のいい、気持のいい、俗にいうシャレてるとかカッコヨイ、
そういうものだと思っている人が多い。
しかし美しいというのはもっと無条件で、絶対的なものである。
見て楽しいとか、体裁がいいというようなことはむしろ全然無視して、
ひたすら生命がひらき高揚したときに、美しいという感動がおこるのだ。

それはだから場合によっては、一見ほとんど醜い相を呈することさえある。
無意味だったり、恐ろしい、またゾッとするようなセンセーションであったりする。
しかしそれでも美しいのである。

本当の美人というのはその人の人間像全体がそのままの姿において充実し、
確乎とした生命感をあらわしている姿だと思う。
シワクチャのお婆さんだって、美しくありうる。

鼻がペチャンコだろうが、ヤブニラミだろうが、その人の精神力、生活への姿勢が、
造作などの悪条件も克服し、逆にそれを美に高める。
美人というのは本質的には女性の数だけあるとぼくは思っている。
もちろん男性においてもだ。(自分の中に毒を持て/岡本太郎)


ゴッホは美しい。
しかしきれいではない。
ピカソは美しい。
しかし、
けっして、きれいではない。


こういう話を聞いたり、「美しい」について触れてみると、
だんだん、自分の場合は、「リンダリンダ」にまで言及したくなる。

というのは、「ドブネズミみたいに美しくなりたい」の真意もここに
関わっているのではないか、と推測してしまうからだ。


しかし、リンダリンダについては、ヒロトの作詞であり、もしもこれが
マーシーとの会話の中で美しさに関することがなかったのなら、全く別物の概念とも言える。

仮に当時のヒロトとマーシーが、キレイ、と美しい、について話したりしていれば、
そこからインスパイアされて生まれたのが、多くの人の人生を変えた一節、
ドブネズミみたいに美しくなりたい」につながっているのかもしれない。
もしくは、ヒロトも岡本太郎の影響を受けていた、とも考えられる。


ここについては、ご本人に確認しないとわからないけれど、聞く側としてはこのように様々な
考察をしてしまうのも、曲の楽しみ方の一つだ。


お金で買えるものと引き換えに
失われたものは何?
痛みに慣れて 背骨砕かれて
手につかんだものは何?

コンピューターで計算された
人生なんて僕はいらない
僕はいらないよ


この辺は、とっても初期のマーシーらしい。
反骨精神のかたまりというか、純粋というか。

ただ、こういう言葉を聞くと、またマーシーじゃなくてヒロトの言葉

デパートで昆虫買ってくるより、「今日は一匹も採れなかった」って言いながら森に行く方が良いじゃん



を思い出してしまう。二人は、やっぱりどこか奥の心の方で、同じような価値観でつながっている部分がある。
まあ、だからあれだけ一緒にやってるんだろうけど。


なんにも持たず生まれてきたんだ
命の他になんにも
死ぬ時だってなにもいらないよ
自由の他になんにも

陽の当たる場所を見つけるには
自分の足で歩くしかない
それしかないんだ



ライブのMCで、この、自分の足で歩くしかない、というのをマーシーが強調していたので、
こういう、裸一貫でやっていくんだ!ということをマーシーは決意したのかもしれない。



マーシーは、死ぬ時のことを歌に出すことが多いのは、昔からだったんだ(笑)

俺は俺の死を死にたい、とか、死人、とか即死、とか。
ローリングジェットサンダーの中では「死んだら死んだで関係ないぜ ちょっとそこらに捨てといてくれ
とか。探せばもっとあるかも。


また、これは陽の当たる場所には、まだ自分はいない、という状態のことを言っていて、
これから見つけに行く、ということだから、
当時のまだブルーハーツがメジャーになっていない背景もあったのかもしれない。

売れずに、陽が当たらないけどロックは好きだから続けてる、というような。



陽の当たる場所で 陽の当たる場所で

あなたに会いたい


最後、あなたに会いたい、という別の誰かが登場している。

これは、要は現在の状況から、自分の足で進んでいった先の世界で、
人に会ってみたい、という願望と捉えた。
つまりは、その時と、会った時の喜びは変わるはずだろう、という。

見えた先の景色を味わって、笑いながら会いたい、というような。


未発表のままで終わらせたのは、本人たちもあまりしっくりきてなかったのかもしれない。

この曲に対して。

なんとなくだが、他の曲との温度差を感じる。

未発表曲から見える、本当に彼らが打ち出したかった作品との違いも、見比べていったら面白いかもしれないな、
そんなことを思う一曲でした。
posted by 荒井コウスケ at 07:32 | Comment(0) | 未発表曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ドラマーズセッション(作詞・作曲:梶原徹也)

ドラムだけで構成された、珍しい曲。


そして、一度もこれまた最後まで聴いたことがなかった。


これは、本当に玄人向けの作品で正直ドラムを叩いたことのない自分にとってはよくわからなかった。


これ聞いてて思ったのはこのドラムにどんなメロディが合うかなあ?

ということで、それを考えるのはまあまあ楽しい。



これ聞いて感動できる人は、相当ドラムへの思いが強い人だと思う。


ちなみに、梶くん含め5人のドラマーによって演奏されているらしい。
(新井田をはじめ、当時JUN SKY WALKER(S)の小林雅之、KING BEESの鈴木俊之、大島賢治)

その中の大島さんはのちのハイロウズのドラマーである。

こういう曲が入っているのを見るだけでも、ブルーハーツにとってのPANが特殊な状況によって生まれたことを感じ取れる。

ブルーハーツに、「PAN」から入った人が、

「なんだ、ブルーハーツってこんなもんか」とは思ってほしくないな〜とは思った。


歌詞がないので、この曲の感想になってしまうが
ある種ブルーハーツらしいといえばそうなのかも。

なんでもあり!っていう精神という意味では。

彼らは、きっと変な義理とか売れそう、とかそういう理由で音楽をやっていないから、

飽き始めたら、熱がなくなったら、こういうPANみたいなアルバムになっちゃうんだろう。


もう、いいや、ブルーハーツは、みたいな。


それより「グッドバイ」

さよならする、きれいさっぱり

とハイロウズへ向けて、次の世界へと向けて


もう過去のことは気にしないで


「飛ぶ鳥後を濁さず」みたいな言葉もあるけど


濁っちゃうものはしょうがねえじゃん


てな感じで、もう終わらそう

ということで終わらした感じだな。

解散のときも、次の予定は?と聞かれて


「解散かな〜」


と気軽に言っているあたり、


体裁とかは本当気にしないんだろう。


というわけで、全曲を解説する!と言って

始めた当ブログ

「もう一度聴くためのブルーハーツ全曲解説」

でございますが、一度ここで締めさせていただきます。

ただし、まだ未発表曲は解説仕切っていないので、
それらを更新する予定です。

ただし、好きな曲のみでw


始めた時は、ブルーハーツが大好きだから、それを世の中に広めて
その中で知り合いにもなれたり

ブルーハーツの輪が広がったらいいな、とか

さらに

高校生の時にブルーハーツに救われた自分のように

まだブルーハーツを感じてない人たちが

よりそれを感じられるように、そのきっかけになるために

このブログが存在できたらいいなと思い

記事を書くたびにアクセス数は上がっていき、様々な方のコメントの協力もあり、(特にしおまめたろうさん、全記事へのコメント、本当にありがとうございます)


その目的はほとんど達成されました。


大阪ブルズ(旧名大阪ブルハーツ)さんにも会えたし

このブログを書いてよかったな、と思います。(村田さん様々な方にご紹介くださいましてありがとうございました)


書き始めた時は26歳だったのに、今はもう29歳になりました


いや、本当に時の流れは電光石火

あれもしたい これもしたい もっとしたい



夢が叶うその日まで夢見心地でいます。




ヒマラヤほどの消しゴムと
ミサイルほどのペンを片手に

寂しい夜が何度続いても
切ない朝を何度迎えても

決して負けない強い力を一つだけ持ち

栄光に向かって走るあの列車に乗って行きましょう。




湖にドボンかもしれないけど

いつでもまっすぐ歩きましょう。




プルトニウムの風に吹かれながら

爆発寸前の火薬のようなレコードを

聞いたあの日のように



かっこ悪くたっていいんです。



そんなことは問題じゃない。



大人たちに褒められるような馬鹿にはならず

そんな人には毒づいてやりましょう。




わがままな子供のように

僕らは泣くために生まれたわけじゃなく

負けるために生まれたわけじゃない。





くそったれの世界のため

ブルーハーツの歌は終わらない。



ありがとうございました。
posted by 荒井コウスケ at 11:28 | Comment(11) | PAN(Last Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

トバゴの夢〜キチナーに捧げる〜(作詞・作曲:梶原徹也)

これって、梶くんの曲だったんだ(笑)

本気で知らなかった。また河ちゃんがトリニダードトバゴに行った時の話だと思った。

梶くんて南国好きなのかな。花になったカマキリもサンバっぽい雰囲気で、これもそう。

梶くんのボーカル、声出てねえ〜

なんか勢いない〜

ってヒロトの凄さがまたわかるんですね。
ブルーハーツだと思って聞くから、ヒロトのボーカルが前提で聞いちゃうから、そうなってしまう。

やっぱり、あの圧倒的な熱とパンクに満ち溢れたヒロトのボーカルがブルーハーツを世界に知らしめたんだ、と実感する。



いつもの場所から 今日も聞こえてきた
夜が明けるまで踊り続けよう


ブルーハーツの「踊り続けよう」
は圧倒的に「ダンスナンバー」であり、
カーニバルではないな〜


明日世界の終わりが来てもダンスナンバーで
踊り続けよう


だ。

遠い国の知らないメロディ いつも笑って僕を迎える

一度聞いた時から 全てがわかるような
彼がまた歌ってる カーニバル


とにかくカーニバルで感動したんだろう、梶くんは。
遠い国って言ってるから少なくとも日本ではないなあ。ブラジル?

そしてちょくちょく出てくるこの「彼」とは誰なのか。もしかしたらこの曲にはモデルがいるのかもしれない、と思って調べたら
この曲のサブタイトル「キチナーに捧げる」がヒントになり、これは
カリプソの父・ロードキチナーだということがわかった。



この人に感化された歌だったんだ、この歌は。


スチールパンに合わせて 踊り歌おう
まるで彼のように ステップ踏んで
タンタタタ タンタタ


なんでここで「スチールパン」を持ってきたのかな、
と思ったのですが、トリニダード・トバゴで作られたからみたいです。「国民楽器」とまでされるほど、その歴史には深い関係があるみたいです。


青い夕暮れの中 光るサバンナ
月の光浴びて きっと眠れない

音の島からはるばる届いた
形の見えないプレゼント

その秘密の魔法にそっと触れたならば
君はもう知っているカーニバル




というようなことを見ていくと、このメッセージがイメージできてきた。
音の島、っていうのがトリニダード・トバゴで
プレゼントというのが歌だったと。

ヒロトがマンフレッドマンに衝撃を受けたように、梶くんもそういう衝撃的な経験があったのかも。
でもなぜそれでパンクロックのようなジャンルを選んだんだろうな。聞いてみたいですね。

また、トリニダード・トバゴについては、サッカーで「ドログバ」というめちゃめちゃうまい選手がいるのですが、それしか知らなかったため、勉強になりました(笑)

posted by 荒井コウスケ at 19:13 | Comment(0) | PAN(Last Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする