2017年07月10日

涙の男(作詞・作曲 甲本ヒロト)




87年に一度だけ演奏された曲。

どんな背景があったのかは様々な憶測があるが、
もしかして、「僕の右手」のモデルになっている
MASAMIの死を歌にした、もう一つの歌なのか?
そんな想像もされた。

タイトルに「〜の男」とつけているが、
もし今ヒロトが同じような曲を作るとしたら「〜マン」にしてるだろうな、
というヒロトのタイトルのつけ方にも違いを感じた。

「お前の宇宙に入れてくれ」でも取り上げられていた
「人の気持ち」。わかるわけなんてない。(これはマーシー作)
そういう風に何度も歌にする当時のヒロト、そして彼らには
何か相手の気持ちがわからない場面に対する葛藤があったのかもしれない。

故に、その悩みがヒロトの観察眼や感性を研ぎ澄まさせ、ブルーハーツのような名作がたくさん
生まれたのかもしれない。

出だし

誰か言葉にして 誰か言葉にして
うまく言えない うまく言えない

説明できますか 説明できますか
苦しいわけを さみしいわけを



自分の今の寂しさなんかを、説明できない自分のもやもやを
そのままストレートに歌詞にした。

ヒロトは、いろんなことを説明したかったのかもしれない。

こういう、原点のような曲に立ち返ると、ブルーハーツのみならず
それ以降のクロマニヨンズの作品への影響していることがわかる。

説明したかったからこそ、言葉の表現力がどんどんついて
そして、簡潔に本質をつく歌詞がパワーを持つようになったんだろう。


涙 涙 涙の男
優しい人に 僕は
なれそうもない


ヒロトの「やさしい」という言葉は、
「人にやさしく」をいつも想像させる。

その言葉通り、人に優しくあろうとして、でもそれが何なのかわからなくて、
考えて考えて、やさしいの定義がヒロトの中で極端に高度化されていった。

優しさだけじゃ 人は愛せないから
ああ なぐさめて あげられない(人にやさしく)


その結果、ヒロトの考える「やさしい」には到底辿り着けない、
そんな風に思ったのかもしれない。



誰かが叫んでる どこかで叫んでる
ここから先は 来てはいけない

僕を止められるか 僕を止められるか
常識という弱い力で



なぜ来てはいけない、と表現しているのか
と考えてみた。

きっと、それは常識の中で行動しろよ、って世間が
自分の個性を止めようとしてくる、そういう空気感に
反発したい気持ちの表れだろう。

「おかしいって言われたら、
それが自分なんだって誇りに思ってよ。
もっとやってやれ」

ただし、ヒロトの中で、「怒り」という負の感情は歌には載せないと、以下の通りに方tぅている


怒りは詩に乗せないな。怒りが歌になっているとしたら僕は歌いたくないし。



涙 涙 涙の男
自分のためだけにしか
生きられないよ

人の心が わかってたまるか
お前の気持ちが わかってたまるか
人の心が わかってたまるか
お前の気持ちが わかってたまるか!



こういう歌詞、TRAIN-TRAINにもつながっていくんじゃないか、
そこまで考えてしまった。まあ、そっちはマーシーだけど。

「聖者になんてなれないよ
だけど生きてる方がいい
だから僕は歌うんだよ 精一杯でかい声で」(TRAIN-TRAIN)



そのあとの、2006年のファッション雑誌のインタビューでも、
心境を語っている。人からどう見られるか?に悩んだり、
自分だけのために生きていくことへの罪悪感のようなものを、人以上に感じる性格だったのだろう。

(ブルーハーツ時代について)
甲本「怖くなって外にも出られなくなって。昼間から酒飲んじゃったりして」
 −それはアルコホリックだったってこと?
甲本「違うって言ってたけど、抜けたことなかったし。僕は聖人-セイントになろうとしていた。"誰もお前のことなんか見てねえよ"って思えるようになってからすごく楽になった。スーパーの試食コーナーで普通にひょいひょい取れるようになったし(笑)」



それから、また音楽とは別になってくるのだが、
最近読んだ堀江貴文さんのゼロとい本の中に、全く同じ言葉が書いてあって、
とても印象的だったので、抜粋。

「お前には人の気持ちってもんがわからんのかっ!?」
 顔を真っ赤にして怒る先輩に、僕は叫んだ。
「人の気持ちなんて、わかるわけがないでしょ!!」
 絶句した先輩の顔は、いまでも忘れられない。そう、人の気持ちなんて、究極的にはわからないものなのだ。僕のことをどう思っているのか、信頼してくれているのかバカにしているのか、本当のところは絶対にわからない。
 そしてわからないからこそ、僕は信じる。
 仲間を信じるからこそ、僕は全力で働くことができる。(ゼロ/堀江貴文著)



ちなみに、堀江さんはこのブログをリツイートしてくれています(笑)

ヒロトの繊細な感性を感じることができる一曲でした。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(0) | 未発表曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

おやすみなさい(作詞・作曲:甲本ヒロト)



未発表曲については、あまり聞いてなかったが、
特に、この曲は聞いたことがなかった。


が、改めて聞いてみるととてもいい曲。
ヒロトの最初の青さがよく出ている。

と、ともに思ったことは、曲の構成が
クロマニヨンズに似ている。

クロマニヨンズは、原点回帰だったのか。

今、これをクロマニヨンズで歌っていても、
あまり違和感がないだろう。


目を閉じましょう 少し休みましょう
祈るのならば 願い事は一つ
明日のことは どうか決めないで

出だしから、休みましょう、というのは
ブルーハーツの、勢いを感じさせてくれる曲が多い中で、
かなりレアなケースだ。

これは、一度、リセットして考えを見なしてみよう、
というメッセージだと捉えた。

つまり、明日のことばっかり杞憂してないで、
今この瞬間こそを楽しみましょうよ、
だから、生き急いでる皆さん、今を感じるために、
一回休んでみましょうよ。

そんな思いを汲み取る。


明日はどんな 風が吹くやら
何を話そうか どんなカッコつけて
僕の洋服は みんな嫌いかな

「かっこつけること」に関して、ヒロトはこう言っている。

カッコつけんと生きとれんよ。飾りなんかいらないんだ≠ニいうカッコつけ。”




長い長い歴史の中で
今日が一番大好きなんだ
風も先生も知らないような
ステキなことが待っているんだ

このへんのメッセージは常に一貫している。

「今」が一番好きだ、ということ。
そして、そこに希望があること。

ヒロトの「今」に関する名言の中で好きなもの2つをピックアップ。

時代はよくも悪くもなってない
いつだって、今が最高。



19、20、21世紀と変わることって、些細なことじゃん。
そんなことより、今日が明日になることの方がよっぽど重大だよ。今が過去になることの方がさ。






長い長い歴史の中で
僕は今ここにいたいのに
昔の人が知らないような
生き方考え方持っているんだ



ここの考え方は、のちの「電光石火」に引き継がれている。

歴史の本の最後のページ 白紙のままで誰にも読めないよ


ただ、電光石火はその後出かけよう、出かけようと、動きを促しているが、
この後に来るフレーズは、休む、という非常に静的なものになっている。

目を閉じましょう 少し休みましょう
目を閉じましょう 少し眠りましょう

ブルーハーツの変わっていくさまが思い起こされる一曲。
posted by 荒井コウスケ at 23:18 | Comment(0) | 未発表曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ロックの豚野郎(作詞・作曲:真島昌利)



この歌からはマーシーの「怒り」を感じる。

当時のマーシーは、本当に尖っていた。
最初組んだバンドに「ブレイカーズ」という名前をつけちゃうくらい、尖っていた。


なんとなくだが、この曲の裏側にある感情として「ドン引きさせてやる」
というのがあるきがする。

というのが、「このくらいでドン引きするんだろ、お前らは。
まともなふりをして、まともな顔をして、
当たり前のようにドン引きして、優位に浸っているんだろう?
面白みのない人たち」
、というような。反抗心。


この曲を、より進化させて、表現をソフトにしたのが、
マーシーのソロアルバムの曲、「かしこい僕たち」なんじゃないかと思っている。



是非とも、聴き比べてみてほしい。



俺は建前を使うぜ
俺はポーズをつけまくる
俺はこの場をやり過ごす
俺は誰かになりすます

本当のことは誰にも言わない

俺はコロコロと変わるぜ
臨機応変に変わるぜ
デタラメなこと言いふらし
イメージをでっちあげるぜ

本当のことは誰にも言わない


純粋な心で生きてきて、それが何かのタイミングで
打ちのめされて、立ち上がれなかったり、汚い場面を見て
それで自らの心を変えてしまった、
まるで不良になるプロセスのような状況が想像される歌詞だ。

ぐれてやる!!みたいな。
でもそこで、ヤンキーの暴力に走るのではなくて、
こういった音楽=パンクスタイルに走ったのが、ブルーハーツの根底にあるだろう。

音楽という表現による、一種の反抗。

また、「チャックベリー」を意識した歌だとも言われているが、
チャックベリーにあまり馴染みのない自分からするとよくわからないため、
その主観は排除して聞くことにした。

ただ、この「ジョニー・B・グッド」という曲は、どことなく
この曲と似ている・・・もしかしたら、この曲をリスペクトカバーしたものなのかもしれない。





俺は酒飲んで暴れる
俺はドラッグをぶちこむ
LSDをやりまくる
俺はロックの豚野郎

本当のことは誰にも言わない

これは、放送禁止すぎる(笑)
LSDというのは念のため解説しておくと、
ドイツ語「Lysergsäurediethylamid」の略称である覚せい剤。

酒飲んで暴れるまではまだギリセーフだけど、
ドラックぶち込んでLSDやりまくるって、
完全にアウトw

放送禁止用語がマーシーは結構好きなのか、
自然とそうなってるのかはわからないが、他の曲にも出てくる。

ブルーハーツ・終わらない歌「キチガイ扱いされた日々」

ハイロウズ・ガタガタゴー「落ち着かないなら 大麻でも吸えよ くたびれたんならシャブでもやれよ」

ちなみに、この作者のマーシーは本当にドラッグをやっていたわけではなさそうだが、
マーシー違いの田代マーシーは本当にドラッグをぶちこみまくってしまったようだ。

まあこういうのを見ると、未発表にせざるをえないな(笑)
発売したとしても、この節だけずっと「ピー」になってしまう。


俺はロックのペテン師で
世界がさかさまに見える
お前はえらそうにしてる
音楽に点数つけて

本当のことなんかなんにもねえ

この「ペテン師」と「ロック」
この30年ぐらい後の現在、「ペテン師ロック」のタイトルでクロマニヨンズから
シングルがリリースされた。
しかも、作詞作曲はヒロトで。



この、昔使っていた、歌っていた言葉でも、全然違う感覚で使われているクロマニヨンズのそれが、
アーティストとしての様変わりを端的に表している。

そして、さらにバンドも変わるけど、ブルーハーツ解散後にヒロトが一時的に組んだバンド
「ヒューストンズ」の「ヒューストンロック」という曲がある。

この曲を初めて聞いた時に、なんか聞いたことあるな、と思ったら、
この「ヒューストンロック」にも似ているな、と感じた。



このメロディが頭の中にあって、それでヒロトが知らずのうちに作った歌?

そんな想像もしてしまった。
posted by 荒井コウスケ at 22:24 | Comment(0) | 未発表曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする