2015年12月08日

情熱の薔薇(作詞・作曲:甲本ヒロト)



ブルーハーツが生み出した、後世に語り継がれるべき
ブルーハーツ中期を代表する名曲。

これによってブルーハーツを知ったという人も多いだろし、
あるいは他の曲は知らなくてもこの曲なら知っている、という人も多いだろう。

雨上がり決死隊の宮迫はこの曲を、場を盛り上げたい時に歌うと言っていた。

また、はいすくーる落書2のテーマ曲でもある。(1はTRAINTRAIN)
ライブ中では、ヒロトが「はいすくーる落書2のテーマ、情熱の薔薇!」と紹介してから
曲が演奏されることがあった。

どんな心境でもその時、その時によって違った味がでてくる、
味わい深い歌詞となっている。

不変的なことを淡々と歌っている。

そして最終的にこれは「感動」を歌った歌だと思う。


有名な出だしがこちら

永遠なのか本当か 時のながれは続くのか
いつまで経っても 変わらない そんなもの あるだろうか



時の流れについて、変わることについて、ヒロトはいろいろなことを感じていて、
それを歌にしたい衝動があったに違いない。

他の曲でもたとえばクロマニヨンズ・スピードとナイフでは
「変わらないものなんて 何一つないけど 変わるスピードが違ったんだな」と歌っているし

ハイロウズ・不死身の花では
「永遠にずっと変わらないなんて 燃えないゴミと一緒じゃないか」と歌っている。

もっと昔に遡れば
ほんのすこしだけという曲の中で
「永遠なんて信じられない 僕がほしいのは今」と歌っている。


永遠とか、そんなものが無いのに人は憧れてしまうよね、
もっとそれより今あるものを大事にしようよ、と思っているのだろう。


そして、そんな変わりやすいものだからこそ大事にできるんだ、っていう背景がある。それが感動できることにもつながっているような。

名言の中で

「もうすぐ好きな子の誕生日なんですけど、
どういう物をプレゼントしたらいいと思いますか?」
というリスナーからの質問に対し、
優しく穏やかな話し方で、

「そうだなー。壊れやすいものがいいんじゃないかな。
きっと大切にしてくれると思うから」

と答えていた。



見てきたものや きいたこと
今まで覚えた全部
デタラメだったら面白い
そんな気持ちわかるでしょう

こんなことを言えたのはヒロトだけだったろうに思う。

なんだか、芸術家の岡本太郎にも近いものを感じる。


「人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。
僕は逆に、積み減らすべきだと思う。
財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。
過去の蓄積にこだわると、いつの間にか堆積物に埋もれて身動きができなくなる。
人生に挑み、本当に生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれかわって運命をひらくのだ。
それには心身とも無一物、無条件でなければならない。
捨てれば捨てるほど、いのちは分厚く、純粋にふくらんでくる。」




今まで覚えたものなんて、関係なく、その時その時だけが確かなものなんだ、
というような。

いろんなことをこれは、こうだ、と知識として与えられ、当たり前のように日々を過ごしているけれど、
「実は全部嘘だったんだ」と、言われる日がくるんじゃないか、そんな面白味を日々に感じている
のかもしれない。



答えはきっと奥のほう
心のずっと奥のほう
涙はそこからやってくる
心のずっと奥のほう


何かと人は答えを求めがちだけれど、実はみんなが答えと思っているものは
表面的なものであって、本当はもっと奥底の方に、
答えが眠っているんだ、だから考えてもわからないよ、と言っている。

それはかつてヒロトがマンフレッド・マンを初めて聴いた時に、
何故かわからないけど涙があふれてきた、と言っていたエピソードに通ずる。

涙がでたということは何か奥のものに触れたということ。



なるべく小さな幸せと
なるべく小さな不幸せ

なるべくいっぱい集めよう
そんな気持ちわからるでしょう



そんな気持ちわかるでしょう?と言われて、最初自分は
そんな気持ちがわからなかった(笑)


しかし、最初聴いた時とこの詩の印象は違う。
最初は「不幸せ」を集める意味がわからなかった。

だけど、ヒロトがかつて入っていた言葉
「もし、憎しみや苦しみのない世界があるからお前来ないか?って言われたら、俺は行かないって言うわ。」
「悩むことは当たり前だし それこそがダイナミズムだと思うんだよ 
 それを楽しめないともったいないよ がっかりする時は思いっきりがっかりしたり 
 失望したり 切望したり 恋が叶ってもいいし 失恋してもいいし 
 その瞬間をしっかり掴まえて 心臓が張り裂けるような
 ダイナミズムを味わうってことが もっとも贅沢な生き方じゃん」


に感激してからは、そう思えるようになってきた。


この、「贅沢な生き方」こそ最高だと。それこそが生きているということだと。

何も悩みもなくて幸せだ、ってただ言っているだけのものは、もしかしたら楽しくないんじゃないか?
そんな気持ちがあるんじゃないか。

そう感じ取っていくとすっと次のサビが入ってくる



情熱の真っ赤な薔薇を 
胸に咲かせよう

花瓶に水を あげましょう
心のずっと奥のほう


だからこそ、情熱という自分の心からわきあがる気持ちを大切にしていこう!と
いう気概を感じる。

感動していこうぜ!、っていうような。

だから何かに燃えるってことは楽しいことなんだ、感動なんだ、って
ロックンロールを通して感じたんだと思う。


これも名言紹介だけども

自分の存在”というキーワードを使うんだったら 
 ロックンロールの感動は自分の存在を許すものだと思う
 「いてもいいんだよ」「生きてもいいんだよ」
 「感動してもいいんだよ」「泣いてもいいんだよ」
 「笑ってもいいんだよ」「そこに存在してもいいんだよ」って言ってくれてるかんじ
 誰の許可もいらないんだ それをロックンロールが僕に言ってくれるんだよ




なんか、感動によって注がれた水に、情熱という花が咲いたのがヒロトの心だったんじゃないか、
それを歌にしたんじゃないか、そんな気持ちがする。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(6) | BUST WASTE HIP(4th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

殺しのライセンス(作詞・作曲:甲本ヒロト)



この曲の解説は難解を極める。


とにかく感じたものをひたすら書かせてもらうと、
殺しのライセンスという、合法的に殺人が許される状況になったら
どうなんだろう?楽しいのかな?みたいな、
ちょっとした妄想を曲にしたのではないだろうか。

また、そういう映画がある。これを意識しているのは間違いなさそう。




殺しのライセンス 殺しのライセンス 殺しのライセンス
を道で拾った

信じられないな 嬉しいな 殺しのライセンスを道で拾った



この世界観、普通に考えたら、なんだそれ?っていう感情が思いうかぶ(笑)



殺しのライセンスが道に落ちていて、それを拾ったら、まさかの嬉しい、という。

誰か殺したかったのかな?どんな主人公なんだろう。




電信柱によじ登り 東京タワーに飛び移れ
ブラックリストのあいつは どこだ 殺しのライセンスは 許さない



ブラックリストに乗るほど悪いやつがいて、そいつを殺すためにダイナミックにも
電信柱によじのぼったり東京タワーにとびうつったり、まるでスパイダーマン
のような動き。


こういうダイナミックな動きの歌を、のちのヒロトの歌に思い出した。

旅人の

「桜のトンネルや 悪魔の通り道 川をわたったり 山に登ったり」という箇所。


もしかしたら、これは殺し屋になった、という歓喜なのか。


拾った、というのは殺しを認められたことなのか。仕事で人を殺せることになった、
という殺し屋の気持ちなのか。

ブラックリストのあいつ、を殺す命令がくだされたという。


可能性というやつを信じて 後戻りなんかしない


俺は毒蛇なんだ 忍び込んでゆくぜ


このへんで少し、前向きな方向にかわる。
何か、その先に待っている未来を期待している。

殺し屋の中にも希望はあるのか。

毒蛇と自らを表現しているのは、悪者を気取っている気分だろう。

だけど前には進んでいくよ、っていう、状況は汚くても
方向性は見えてるよと。

そんなメッセージを感じる。


正直、よくわからず解説できていないのですがこの曲のイメージについては
いろいろな人へきいてみたい一曲です。
posted by 荒井コウスケ at 12:01 | Comment(6) | BUST WASTE HIP(4th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

恋のゲーム(作詞・作曲:甲本ヒロト)

この曲については、メッセージ性の高くないノリのいい曲をつくりたい、
という想いが裏にあったんじゃないだろうか。

また、ベイシティ・ローラーズの同タイトル曲「恋のゲーム」を意識しているのは間違いない。



ブルーハーツが社会派バンドと評されて、そういう姿を期待されていたところで、
キューティパイなんかもそうですが、それを裏切りたくなった。



しばられるのが嫌になった。




ハイロウズからクロマニヨンズもそんな雰囲気を感じるのですが、
より歌詞をわからなくした。



で、これについては本当に単純で、恋の歌をつくろうかなぁ〜〜っていって
すぐに出来た気がする。



メロディも単純ですし。




誰が勝ったのか 誰が負けたのか

恋のゲーム 恋のゲーム 恋のゲーム



特に意味はないと思う。


なんとなく、恋ってなんやねん!?ってニュアンスを感じる。


そもそも勝ったとか負けたとかあるんかい?っていう。




コンピューターにもインプットできない

恋のゲーム 恋のゲーム 恋のゲーム



コンピューターにも、っていう「にも」のところが味わうところですかね。

コンピューターなんかには、っていうニュアンスもありそうです。
そういう次世代的なもんじゃないんだ、っていう。

めちゃめちゃプリミティブで、ありのままのものが恋だから、というのがありそう。

恋というものをヒロトは肯定しているし。



「世の中に言いきれることってねえが。 でも恋愛は絶対素晴らしいと言いきるよ」


そして、恋とは少し違いますが恋について言及している感動した言葉。


「悩むことは当たり前だし それこそがダイナミズムだと思うんだよ 
 それを楽しめないともったいないよ がっかりする時は思いっきりがっかりしたり 
 失望したり 切望したり 恋が叶ってもいいし 失恋してもいいし 
 その瞬間をしっかり掴まえて 心臓が張り裂けるような
 ダイナミズムを味わうってことが もっとも贅沢な生き方じゃん」


ジプシー夜の 口笛を
三日月に ぶら下げて



まず、無知すぎてジプシーってなんだ?って感じでした。

↓検索した結果

北インド起源の移動型民族のこと。
移動生活者の印象があるが、現代では定住生活をする者も多い。
「ジプシー」という呼び方は、長い間の偏見、差別などの為に、
最近では彼等を指す言葉として、「ロマ」の名称が用いられることが多い。




うーん、いまいちピンとこない。。。

そして夜の口笛を三日月にぶらさげて
という表現はロマンチックっぽい雰囲気だがこれもあまりわからないですね。


ここの表現について感じることを是非ともファンの皆様にきいてみたいです。


アダムとイブ
ジュリエットとロミオ



面白い言葉の配置だとおもいました。

アダムとイブというのは普通ですが、
本来ロミオとジュリエットなんですが、これをあえて逆にしている。


この発想の意図がなんなのかはわからないのですが、新鮮でした。
posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(6) | BUST WASTE HIP(4th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする