2016年01月31日

宝もの(作詞・作曲:河口純之助)



↑メドレーです。

最近、週1更新がとぎれておりました。楽しみにしていただいた方は申し訳ございません。

しかし、実はもう振り返ってみるとほとんどの曲を解説している状況です。

残っているのは「トバゴの夢」「幸福の生産者」「GoodFriends」「ありがとさん」「花になったかまきり」「真夜中のテレフォン」「ドラマーズセッション」
です。ヒロト、マーシーの曲はすべて解説し終わりました。
残りは河ちゃんの曲、そして梶くんの曲だけとなります。

ほとんど聴かない曲しかないので、この機会にきいてみて、ブルーハーツの違った側面を発見できたらいいなと思います。

あとは、それが終わったら未発表曲の中で順に解説していきます。
とりあえず楽しいのでハイロウズもやろうかなと考え中です。

今回は宝もの。

河ちゃんの歌はほとんど聞かないので改めてきいてみると、
やはりあまり響かなかった(笑)

というか、そう考えるとボーカルって本当に大事なんだな、と。
ヒロトのボーカルがすごい、というのがあらためてわかる。

全部ヒロトが歌えばいいのに(笑)
そしたら聞ける。

とまあ個人的な意見はおいておいて、歌詞にふれてみると

この広い宇宙の中で
君と僕はそばにいる
不思議な気はしないよ
きっと前に約束してたんだ

やわらかい君の声は
胸の中でとけている
まぎれこむ疑惑も嘘も
僕らのドアに入れやしないんだ


毎回、河ちゃんのうたに思うことは
「ふわっとしてるな」だ。

もしかしたら、そもそも伝えたいこととかイメージっていうことがふわっとしていて、
それを表現しているからかもしれない。
河ちゃんの性格も見ててふわっとしてるし、
河ちゃん周りがふわっふわ。


明日へと続く道 歩いてゆきたいな
明日へと続くもの つくってゆきたいな
君と僕の宝物


これも、なんかスッカスカ感がある(笑)
なんか、意志が感じられないんだな。
でもそれが河ちゃんのいいところかもしれない。
これ、ヒロトが歌ってたらそうは思わないかもしれないという、
ただのヒロトびいきかもしれません、すみません。

「歩いてゆきたい」とかいや勝手に歩けし!、とか思ってしまう(笑)

それからこの「君と僕のたからもの」というフレーズ、どっかできいたなぁ〜と思ったら
銀杏BOYZの「なんとなく僕たちは幸せになるんだ」だった。↓最後の曲です。




このフレーズは銀杏のほうが強い。

峯田はブルーハーツ大好きだから、もしかしたら知らず知らずにインスパイアされているかも。


幸福は隠していくことなどないんだね
夢の奥をのぞいてたらまた夢がでてきたよ


その頃の河ちゃんがどれくらい宗教へ傾倒していたかは知らないが、
どうしてもこの「幸福」という言葉が宗教を感じさせてしまう。

そのつもりはないのかもしれないですが、そう思われてももはやしかたなしといった曲です。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(5) | DUG OUT(7th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

夕暮れ(作詞・作曲:甲本ヒロト)


3093761253_6a79288ba7_o.jpg


ブルーハーツの中で、最も好きな部類に入るほどの超名曲。

このPVも味があってすきだなー、まんまで。
夕暮れって感じで。どこの団地だかは知らないんだけど。



タイトルの「夕暮れ」の雰囲気をふんだんに味わえる。
イントロからアコギの音が奏でられ、
川沿いで夕焼けに染まっていく景色の中にいるイメージがフワーッと広がり、
そこに優しく歌われるヒロトの声が重なって、「幸せ」についてなんとなくわかってくるような気がする、
平和な気持ちになる、人類の最終地点はここなんじゃないかと思われるスケールで歌われるラブソング。


PVもまさにぴったりの風景で歌われる。

僕はこの歌を全人類が平和な気持ちで歌ったら、平和になるんじゃないかとすら思う。

出だし


はっきりさせなくてもいい あやふやなまんまでいい
僕たちは なんとなく 幸せになるんだ

幸せの定義なんか、はっきりさせなくたっていい。
なんとなく幸せだと思ってるならそれでいいじゃないか。

あやふやなことも、はっきりしなきゃいけないなんてことはない。

この言葉が、夕暮れと絡めて出てくるのがヒロトの天才的感覚だと思う。

だって、夕暮れの景色に、ピッタリなんだもん。

こんな言葉。でも夕焼けはあやふやなままなんだけど。夜なのか、昼なのか、
はっきりしてない。その中間の間にある一瞬の景色。

その気分に、はっきりさせなくてもいい、は絶妙にマッチしている。

僕達、って誰のことなのかわからないけど、全人類を代表している気がする。




何年たってもいい 遠く離れてもいい
ひとりぼっちじゃないぜ ウインクするぜ



この詩ももうキラーフレーズとしかいいようがない。

個人の単位から、全人類の単位まで総合的に解釈できる、
「ナビゲーター」のときにも感じたような生きていることの流れを彷彿させる名台詞。


誰かと離れ離れになることなのか、ずっと会えない期間がつづくことなのか、
でもその人とは夕暮れの空につながっていて
ひとりじゃないんだ、遠くでウインクするきもちでいつでもウェルカムなんだ、
そんなメッセージにも取れる。

もっと大きく解釈すれば、前述の僕達=全人類のようにも感じて、

人間は、ひとりで生まれてきてひとりで死んでいくけど

この夕暮れの空の前ではひとりじゃない。皆がつながっているような、そんな気持ちになるんだ、
だからウインクして、Welcomeなんだ、

そう言ってくれている気がする。でもヒロトはそこまで考えてこのセリフはいってない。

きっとただそういうイメージが浮かんできたらからそういってるだけだと思う。




夕暮れが僕のドアをノックする頃に
あなたをギュッと抱きたくなってる



これも名台詞。

僕のドア、ってなんだろう、心のことかも。それを揺れ動かして
平和な気持ちになったとき、目の前にいる近くにいる誰かとつながりたくなってくる。

その時の衝動にも似た気持ちをこの短い言葉で表した。




幻なんかじゃない 人生は夢じゃない
僕たちははっきりといきてるんだ



お見事なのが、この「はっきり」をまたつかっていること。
しかも、今度ははっきりさせなくてもいい、じゃなくて、はっきりと、と肯定の意味で対比的に表現した。

幸せのことははっきりしないけれど、
生きていることだけは、はっきりしている。


幻のように夢のようにあやふやなままじゃない、僕たちは、
それだけは言えるんだ、って

なんか当たり前のこと言ってるんだけど、


生きていることって実感することだから、これを夕暮れの前で再確認しているんだと思う。

大きな美しい夕暮れという感動の前で。


夕焼け空は赤い 炎のように赤い
この星の半分を 真っ赤に染めた


やっぱり、ここでも大きな単位。


「この星の」

個人を超えた視点をここで発揮している。

全人類的な歌だと言えるのはここかもしれない。

炎のように

は後のクロマニヨンズ「炎」で出てくるのは本人たちは気づいているのだろうか。

炎=命の灯火としても無意識にニュアンス付けているのか。

で、言葉がわかりやすいんですね。ここもポイント。


誰でもわかるような言葉なんですよ

「この星の半分を 真っ赤にそめた」

これは小学生だってわかる表現にしている。

「半分」ってざっくりした表現じゃないですか。もっと細かくわけられると思うけど、
あえて、半分ってもうざっくりしてて、視点が細かいところにはいってなく、
そんなちっぽけなことではなく、夕暮れの美しさの前に他にみるものはないよな、
そんなことすらも思ってしまう。



それよりももっと赤い血が
体中を流れてるんだぜ



視点が個人=自分=人間にうつる。
すごい。

ここはもうそんな地球単位でビッグな景色のその赤
よりも、もっと赤くそまった血が自分たちに流れていることの感動。

なにかを授かった証なのか、それだけ自分はちっぽけだと思わなくていいんじゃないのか、
それだけすごい生きてるってことは、

そんなふうに言われている気がしてならない。

とにかくこれは全人類が歌い継いでいくべき超名曲中の名曲。


3622303632_beba4476de_o.jpg
posted by 荒井コウスケ at 19:42 | Comment(5) | DUG OUT(7th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

ムチとマント(作詞・作曲:甲本ヒロト)


この歌、雰囲気できいているとあまり見えてこなかったのだが、
耳をすましてきいてみると、だんだん見えてきた。

さすらいの旅人の歌だ。

その先が見たくてしょうがない、その先の景色が気になってしょうがない、
ひとところに落ち着いていられないような。

安定した生活に見切りをつけ、不安定な世界を楽しむ。
流れの中に生があり、と言わんばかりの。

ムチとマント、が未だにわからないけれども、これは、もしかしてヒロトが好きだった
なんかのアニメの歌なのか?と一瞬思っていろいろ調べてみたけど、
ムチとマントをもってるキャラクターいないしな〜と、違う気がする。

出だし

天国よりちょっと 高い所へ
誘惑よりもっと 甘い声

このへんから、普通の世界に満足できず、さらなる場所へ行きたいという意思が感じられる。

天国よりも高いところ、ってどこだろう。神様の世界か。
誘惑よりも甘いというのは、それだけ、自分を誘ってきてしょうがない。
そこに行きたくなってしょうがない、本能を刺激してくるような。


SEXよりずっと 魅力的だぜ
ムチとマントを ひるがえして


SEXよりも魅力的、っていうのは、のちのちクロマニヨンズで発表される
「エロこそすべて」で唱えられている内容とは異なる。

つまり、エロこそすべてと言っているヒロトの上をいくぐらい魅力的なものがあるということか。
それは、旅のワクワク感か。なんなのか。
でもムチとマントをひるがえして、という表現が流動的な生き方、ひとところにとどまらない生き方を
好んでいるようなニュアンスを浮かび上がらせる。

一体何が 本当なのか
見てきたような 顔をして
作り話で 盛り上がろうぜ
ムチとマントを ひるがえして


「本当のことなんて知らない」という大前提があるんだろうな。

だからこそ、それを皮肉るかのように、嘘で創りあげた話を、世を知り尽くした顔で
語り合おうぜ、っていう。それは旅の途中で、見知らぬ人と酒を酌み交わす時の
楽しさに似ているかもしれない。

それか、実際にそういう場面のことかも。旅の途中、世界のすべてを見てきたような
顔で、お互いどこに住んでるか何をしているかも知らない中で、つくり話をしあう。
それって面白いな、という。

罪を重ねて 昇る階段
疑われたら アリバイなんかないぜ


ここで、もうひらきなおっている。というか、もともとひらきなおった男のストーリーなんだろう。
生きれば生きるほどに、罪を犯していく。だけど、それはもうどこかでしょうがないことなんだ、
そういう性分なんだ、そんな生き方しかできないんだ、って思っている。

これは、ハイロウズで発表される TOO LATE TO DIE
「ペテン師の 遺伝子を ばらまく」「おりるはずの駅は 後ろ 停まるべき港を離れてく」
という、死にそびれてしまった罪人の心情にも似ている。

もう俺、死ぬタイミングをずっと逃しているから、ひらきなおろうかな、と。

疑われても、アリバイを作る気はない、罪を全部認める。

これは同じくハイロウズの罪と罰にも似たような歌詞がある。
「罪ならば全部認めるが 罰を受けてる暇はないぜ」

ただ、ここで少し進化しているのが
「誰かに疑われる前に あらいざらいぶちまけてやる」
と、疑われる前に、もう自分から言ってやる、というスタンスに。

ヒロトは、どこかしら生きていること自体に罪の意識をもっていたのかもしれない。
こういう雰囲気の歌を、他の曲にもどことなく感えじるので。
ひらきなおる必要があったんだろうな。

実際、生きることって罪悪感とのたたかいみたいなところあるし。

ブルーハーツの曲だったら、TRAIN-TRAIN
「聖者になんてなれないよ だけど生きてる方がいい」
って歌ってるから、やっぱり、完全無欠の人間じゃないと生きてはいけないんじゃないか、
って強く思っていることがあったんだろう。インタビューでも、聖人君子になろうとしていた、
ってヒロトは言っていた。聖人にならなくたって、生きていたいんだ、って一方のヒロトが反論してきて、生きているんだろう。

サンキューべリマッチ どうもありがとう
ようこそ僕の 隠れ家へ



なんで感謝しているかっていうと、その本心を受け入れてくれたからか。
隠れ家へ、っていうのは、自分のほんとうの気持ちを、見てくれたことか。

これだけ罪を背負っているはずの自分を。

次に恋の要素が入ってくる。

恋をする時 素敵な事は
何もいらないと 本気で思える事


きざなセリフを言ってみたかった、ちょっとした遊び心な気がする。
お前がいれば、何もいらないよ、みたいな。

サンキューベリマッチ どうもありがとう
さっきすれちがった お嬢さん
ガールハントの 天才なのだ
1000人斬りの 腕前だ
980人 あと20人
ムチとマントを ひるがえして


そういうセリフを使いこなして、寝とった女は980人に昇る。
なんて罪な男なんだろう、という主人公を表現している。

だから、アリバイとかそういう言葉もここですんなりくる。

さっきすれちがったお嬢さんというのは、一晩を過ごしただけの関係を
そう表現してるかもしれない。旅の途中で、その後二度とあうこともないけれど、一晩だけ過ごした。
その後が旅をしている確信的な表現。

立ち止まれない さすらいのクツ
夜を待てないで 駆け出すドラマの中


そこで落ち着いていられない、さすらいの旅人。どこへいくのか。
夜さえ待てずに、そのまま流れのドラマへと突入していく。

サンキューベリマッチ どうもありがとう
やっと巡り合った お尋ね者


こんどは、お嬢さんじゃなくて、お尋ね者になっている。
これは、ずっと探していた、自分と似ている、罪の意識をひきずった仲間のことなんじゃないか。
だから、わかりあえて、ありがとう。
そんな雰囲気を感じる。

これはだいぶ個人の主観での解説にはなるけれど、僕はそうおもいました。

他の方にもたくさんきいてみたい歌詞です。それにしてもムチとマントってなんだろうな〜。

ちなみに、ヒロトはこういう、〇〇と〇〇という対比のような表現がとても好きだということに気づいた。

調べたので備忘録的に記載。

「罪と罰」
「化石とミイラ」
「チェリーとラバー・ソウル」
「スピードとナイフ」

ちなみにマーシーでもありました。
「ライオンとサンシャイン」
「オートバイと皮ジャンパーとカレー」

なんか、小説のタイトルみたいですね。
でも、よくわからない2つのものが組み合わさることで、ワクワク感が演出されていますね。
posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(4) | DUG OUT(7th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする