2016年03月28日

真夜中のテレフォン(作詞・作曲:河口純之助)



河ちゃんの中で一番クセのない曲かもしれない。そして、河ちゃん曲の中で一番聴いている曲。
(聞きたいわけではないが、CDを再生しているときにまあ飛ばすまでもないかな、と思うので聴いている)

歌詞の内容も、これは解説するほどのこともなく、
含みを持たせ、誰が聞いても想像ができるように構成されている。

舞台は別れ話をした後かなあ。
最終電車で戻るのを待っていた、って言ってるから。

で、今会えないっていうところでおわらせてるから。
それか遠距離の話かもしれない。

電話でしか話せない状況だから、あえて「テレフォン」を取り上げられた、とも考えられる。
目をつぶれば君が見える、ということは目を開いた状態では見えない、とも言い換えられ
想像の中での人でしか無くなってしまった、とも考えらるのではないか。まあ、妄想だけども。

「テレホン」ではなく「テレフォン」としているところがこだわりを感じる。


真夜中のテレフォン 君からのテレフォン
少しだけでも
真夜中のテレフォン

最終電車で君が戻るのを待っていた
目をつぶれば君が見える 星空の下

今会えない


この曲には、ライブバージョンがあって、河ちゃんのライブでの感じも聞き取ることができる貴重な曲。
その時に、サビではお客さんたちがレスポンスをかえしていて、当時はこの曲も多くのファンに認知されていたんだろうな、
と想像できた。

で、これが一番興奮したんだけど、河ちゃんは何も悪くないんだけども、
真夜中のテレフォンを聞いた後に来るヒロトの声は、すごい!!ってなる。
やっぱりヒロトは違うな、と。ヒロトの凄さを感じるのにこの曲が盛り上げてくれることがある。
勢いとか熱が圧倒的に他のボーカルとは違うんだなぁと。

ライブアルバムを聴いたら、もしかしたら多くの人がそういう印象を抱くことになるかもしれない、
そんな一曲です。
posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(4) | HIGH KICKS(5th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

HAPPY BIRTHDAY(作詞:河口純之助/甲本ヒロト、作曲:河口純之助)



河ちゃんが作った中では一番好きな曲かもしれない。
特に歌詞が。

曲調もあるかもしれないが、心なしかヒロトも
他の曲に比べてノリノリで歌っている印象をうける。

そして、どこまで河ちゃんが作ってどこまでがヒロト作なのかもわからない。

誕生日、を祝う歌をブルーハーツ流に表現したらこうなった、
という感じだろう。

また、この裏のテーマに「見えないもの」が隠されている。
誕生、という神秘的で科学領域を超えた地球の奇跡の中から感じる
イメージに付随させて出てきた歌詞だろう。

出だしも、「本当の言葉」が隠れている、というのを見えないもの
というような、表面化されないものという前提で歌われる。


毒に飲まれて しおれそうな
本当の言葉

西の空に 沈みそうな
本当の言葉



この辺をきいて思い出すのは
TRAINTRAINの「本当の聞かせておくれよ」

誕生日というお祝いに、普段言えないことを言える日、という
ニュアンスもあるのかもしれない。

その、隠れてしまうことを「毒に飲まれて」
「西の空にしずみそうな」
は、いい歌詞だと思った。

日常という日々に毒されて、本当の気持ちが殺されていってしまう場面だったり、
一日の終りに、言えなかったことを太陽が沈み日が暮れていく様子に例えている。



ありがとうやさようならじゃ
伝えきれないことがある
雨の中を走れメロス
友達が待っている



走れメロス、をもってきたことが、この曲の
テイストを決めている。

メロスはアニメでしか見たことなかったけど、
確か友達が時間内に戻ってきたらその友達が救われる
、というようなストーリーだった。正確なあらすじ↓

メロスは妹の結婚式の準備のために町へ出ます。
しかしそこで独裁的な王に捕らえられてしまいます。

メロスは友人を代わりに捕らえていいから妹の結婚式に出席させてくれ、
そしたら戻ると王に誓います。

王は期限をつけてそれを受け入れます。

メロスは妹の結婚式に出るため村まで走り、それを見届けると
また町へ走り、王の下へ急ぎました。

途中挫折しそうになりますが友人のために走り、
期限ギリギリに王の下へ着きました。

戻ってくると思っていなかった王は感激し、その2人の友人の輪の
入りたいと懇願するというハッピーエンドの話です。


ここにアニメもありました。小学校の時にこれを見て、えらく感動したことを
今でも覚えている。




続いても、見えないもの、あいまいなもの、というのがでてくる。



知識だけがふえていくよ
わからないまんま
霧の中にかくれてるよ
わからないまんま


今の現代にもそのまま当てはまりそうな、
情報や知識だけはたくさんあっても、「本当のこと」
はわからない、
それが霧の中に隠れるように、ちかくにあってもどこにあるのか
わからない、そんな感じ。

6831414535_2b247cc86d_b.jpg

夢のように夢をみて
恋のように恋をする
さあ今こそ走れ竜馬
夜明けが待っている



これも、はっきりしない何かもやもやとしたもの、
それを表しているのかもしれない。
夢なのかわからないけど、夢と定義されているものにしたがって
夢をみて、恋もそういう、わからないけど恋ってこんな感じだろう、
それにしたがって恋をしていく。

これが次の「生きること」にもつながっている。


今こそ走れ竜馬、はメロスからかわってこんどは日本史になる。
日本の夜明けぜよ、の場面。人生を切り開いていく竜馬のその場面の
勢いにのせて、誕生日を祝福する。





いつの間にか生まれてきて
いつの間にか歩き出す

蛹になり蝶になり
飛んでいけるんだよ


そしてこれも、
「いつの間にか」という単語が使われ、いつ人は生まれてきて、
どこへいくのかもわからない状態を表現している。
だけど、その中で蝶々の成長のように翼をもってどこでも
自分で選んでいけるんだ、というポジティブな見方に変わってくる。

そして極めつけが次


生きる人に生まれてきた
生きる人に勇気はでる
生きることはカッコいい


ただ「人」のことを「人」と表現するのではなく、
「生きる人」と表現し、現在の躍動感を伝えている。

それを「カッコいい」と全肯定しているところおがブルーハーツらしい。
それでいいんだ、っていっている。

最後には、冒頭では「Happy Birthday」と英語だったものが
日本語に変わる。

これはより心を込めるためにそうしているのかもしれない。


誕生日おめでとう



有名な誕生日ソングよりも、ほんとに気持ちを
伝えたい時に響くかもしれない、
サプライズにうってつけの曲です。

ブルーハーツファンじゃない人にも是非。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(4) | HIGH KICKS(5th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

ホームラン(作詞・作曲:真島昌利)



野球好きのマーシーらしい、
タイトルがホームランという野球を歌った一曲。


こういう、平和な雰囲気の歌をマーシーはつくることがあるが、
そういう曲をつくっちゃうところにとても共感して、
かなり好きなシリーズ。

普通のアーティストは好きだ、愛してる、とかそんなんばっかでこういう曲は
あまり作らないから、ブルーハーツらしいとも言える。


この歌の中には、少年時代のマーシーと、大人になったマーシー、
二人の人物が出てくる。

まずは少年のマーシー。

野球をやりにいこうよ
河川敷のグランドへ

野球をやりにいこうよ
みんなを集めて


得意の魔球でこい へんなフォームでなげてこい
時速千キロ豪速球 俺には見えるぜ


これは、男の子が自分が強いヒーローにでも変身して強くなれるんだ、
という純粋な気持ちを持っているようなワクワク感を表現してる。

プロ野球選手ごっことか、巨人の星の、星飛雄馬が大リーグボールとか
投げる時の必殺技を出す感じ。

自分にもよくあてはまる。

野球部ではなくテニス部だったが、「テニス野球」をやっているとき、
魔球とか自分で勝手に名づけて遊んでいた。


そんなんが意外と楽しい。


時速千キロとかも出るわけないのだが、そんだけ出てる感じで投げるのが面白い。


それに友達ものってきたりして。俺には見えるぜ、っていうのもそういうポーズをとって
遊んでいるのです。




甘い球をなげたら 俺のバットが火を噴くぜ
銀河系のその彼方まで かっとばしてやる



これもその「スーパー能力選手ごっこ」の続き。
銀河系の彼方まで、とか大げさ表現をしてその場を盛り上げる。

子供の時って、そういうありもしないことをたくさんでっちあげて
ストーリーをつくってよく遊んでいたな。

人形が2つあれば、ずっと戦わせて自分でストーリーをつくっていた。




青い風と白い日差し
川は流れ ゲームは続くのだ



この表現で、少し特徴的なのが、青いのが「風」であること。
空ではなく、風と表現することによって、青空の下に吹いている風、
というより大きな風景が想像される。

風とか、日差しとか川が流れ、というのが、動きを表現している。

そのいろいろな自然の動きの中で、野球のゲームが流れていく感じ。



その後は大人の視点が出てくる。

となりのグランドでは
ガキどもが熱くなってる

21世紀の金田や ONがいるぞ



ガキども、と言っているので、それを眺めているおとなになった主人公の視点。

PANの「休日」ででてきた表現

オヤジと僕が入れ替わる


というのにもあるように、子供の時の視点をおとなになったマーシーが振り返る過程において、
そのどちらの心情もそれぞれに表現しないと、おさまりがつかなかったんじゃないだろうか。


21世紀の金田やONについて解説すると、
自分は野球が好きだったので自然とわかるんですが、

金田というのは、昔活躍した選手で
400勝という日本最多の勝利数を誇る伝説のピッチャー。

また、ON

は王、長嶋の頭文字をとっている。


時代はちょっと古いが、リアルタイムで感じていたマーシーだからこの二人の選手になったんだろう。



今だったら21世紀の野茂や、KK(清原・桑田)がいるぞ、かな。


とにかく穏やかな気持になれる一曲。
posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(4) | HIGH KICKS(5th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする