2018年04月20日

第4回ブルーハーツな人たち「落合陽一」さん





今回取り上げるのは、メディアアーティストの落合陽一さんとブルーハーツ、です。


落合 陽一(おちあい よういち、1987年9月16日 - )は、日本の研究者、大学教員、博士(学際情報学)、メディアアーティスト、実業家。ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長、筑波大学 学長補佐・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長・図書館情報メディア系 准教授 デジタルネイチャー研究室主宰[1]、人工知能科学センター研究員、知的コミュニティ基盤研究センター研究員、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授、VRコンソーシアム理事、一般社団法人未踏理事、電通ISIDメディアアルケミスト、博報堂プロダクツフェロー、その他多数。(Wikepediaより)



落合陽一さんの存在を、初めて意識したのは、田原総一郎さんがファシリテートする、朝まで生テレビでした。
(ちなみに発狂前の豊田真由子さんも参加しています)

そこで、なんかLIVEの時のヒロトっぽいな、と思ったことが最初の印象です。

こちらの動画をご覧ください、ヒロトが舌を出して目を見開きながらクレイジーにロックしている時と似ています。
思考とかではなく、まあ、完全に見た目の話ですが(笑)



そこから、単純に発言の切れ味とわかりやすさから、
本なども読むようになったり、普通に興味深い人、としてその活躍を追っていきました。

その生き方が本質的なところを意識しているし、個性抜群だし、もしかして、
ブルーハーツのことも好きなんじゃないかな、と仮説を立てました。

それでTwitterを調べていくと、ビンゴでした。

発言をまとめてみました。





「ハンマー」の歌詞を引用している2つのTweet。(他にもハンマーの歌詞をツイートしていたので、よっぽどこのハンマーのこのマーシーが叫ぶところがお好きなのかもしれません)










解説するまでもないかもしれませんが、これは「リンダリンダ」からですね。




また、過去の研究で、落合さんがホタルとゴキブリの違いを語った作品の中で、
このリンダリンダの言葉を意識したであるものも見受けられました。

ほたるの価値は? 命の価値は?
みんな,命の大切さを問うくせにきっちり線引きをする.
ドブネズミみたいにうつくしいのは許されて,なんでかとおもうけど,今年も問い続ける毎日.


https://ochyai.wordpress.com/2011/04/22/do-the-cocktorches-dream-of-firebugs2/


「TRAIN-TRAIN」を意識したと思われるTweet。








そして、こちらは私もめちゃめちゃ好きな曲の一つ、「世界の真ん中」から。





以下は、ブルーハーツを相当聞き込んでいることが、わかる発言。
「1001のバイオリン」の良さに、移行するほど、1000のバイオリンを聞いていた、ってことだから。
そして、自分もこのパターンだった。ヒロトの声がよく聞こえて、なんとなくバイオリンの音色に歌詞の壮大さがマッチした瞬間があって、
感動する。







また、実際にご本人にメッセージしたところ、
なんと返信をいただきました。しかもすぐに。







このレスポンスのスピードは、かなり好きな人じゃないとできないことです。
落合さんも、相当、ブルーハーツを聞いていたんだろうな、と思ったのと同時に、
ブルーハーツの歌詞って、つぶやきたくなるんですよね、なぜか。

多分、少ない言葉で本質を捉えてるから、その時の気持ちに合致した時に、つぶやきやすいワードがチョイスされているんだと思う。

自分も、Twitterをやってない、高校時代には、特に教科書にひたすら歌詞を書いていたりしました。
誰が見ているわけでもないんですが、そこに歌詞を書くことで、何か自分の思考の本質が見えるのかもしれない、
と無意識に感じていました。だから、気持ちがわかります。

で、この発言を調べるために、かなり遡って落合さんのTwitterを見たんですが、
まず一つは、人間が好きなんだろうな、ということ。そして、熱い気持ちを持っている人であること。

また、詩的でバンドとかも組んでいたり、ジョンレノンや清志郎への発言もあったりして、
音楽もかなり好きな人だということがわかった。


今後も、落合さんを追っていきたい。また、ブルーハーツについても、もう少し言及したらより深く探ってみたい。

また一つ、「ブルーハーツ的な何か」が、見つかるかもしれない。
posted by 荒井コウスケ at 22:00 | Comment(5) | ブルーハーツな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。自分も中学時代にノートにひたすらブルーハーツの歌詞を書いていた一人です。ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズと形を変えてはいますが、ヒロトの心は昔と変わらず「ロックに憧れたリスナー」のままな所も好きです。このコメントをもし見てくれたら、返信お願いします。ブルーハーツの事で語り合いたいです。
Posted by ろくでなしブルース at 2018年05月06日 06:01
コメントありがとうございます!
歌詞を書く気持ちわかります!!
ひたすら書いてたら、友達から、なにこれ?と言われたりもしました笑
是非どんどん語っちゃってください!
Posted by 荒井コウスケ at 2018年05月09日 12:59
返信ありがとうございます。自分はまだ18の学生なんですが、周りにブルーハーツの話題で話せる友達がいなくて悲しいです。この気持ちを誰かに分かって欲しくてこのブログに辿り着きました。自分はブルーハーツのテーマという曲で人殺しや銀行強盗をするようなチンピラでも自分と同じ人間なんだということに気が付きました。人は時に過ちを犯すもの。大人になり、あまり感じなくなった少年の心。だけど、思い出せばかすかに聞こえてくるはずだとヒロトは言いたかったのでしょう。そして過ちを犯したその後自分がどうあるべきかが大切だと。刑務所の中で手を合わすチンピラ達は死刑執行を待つ間、死ぬまで何を諦めなかったのでしょうね?気になります。
Posted by ろくでなしブルース at 2018年05月09日 19:09
18ですか!
自分もその頃はなかなか話せる友達はいなかったですが、大人になったらたくさんできたので、きっとろくでなしブルースさんもそうなりますよ!

ブルーハーツのテーマ。いいですね。
皆それぞれ思った歌詞が正解。
僕も聞きながらいつもハッとさせられる瞬間があります。
Posted by 荒井コウスケ at 2018年05月16日 14:43
コウスケさんにそう言って頂けると嬉しいです!ヒロトは自分の作った曲を人それぞれ色んな考え方で感じて欲しいから多くを語らないのでしょうね。ブルーハーツはもちろんですが、コウスケさんはクロマニヨンズで好きな曲はありますか?自分は「エイトビート」が好きです!この曲はハイロウズの「グッドバイ」の続編みたいな曲だなと思っています(この曲の作詞、作曲はマーシーですが)。何故かというとハイロウズの頃はブルーハーツの自分達とキレイサッパリお別れすると前向きに歌っていましたが、この曲エイトビートでは、ブルーハーツ、ハイロウズと時を経てヒロトの考え方が変わったのか、過去を振り返らないスタイルのヒロトが過去を振り返って歌っているように思います。特にこの歌詞「ああ強く閉じて ああふさいでいても 音速ジェットつきささるリズム」ここからの「遠く離れている ずっと昔の歌 泣いているよ 笑ってる 今日も」という所まで。ヒロトとマーシーが曲の権利を譲ったという噂がありますが、これが本当ならヒロトもマーシーも昔の曲を歌うことはもう無いのでしょうね。まぁこれが逆にカッコよかったりもするんですけどね!前にヨルタモリという番組でヒロトが歌いはしないものの「リンダリンダ」をブルースハープで演奏していたのは、凄く嬉しかったです!長文失礼しました。
Posted by ろくでなしブルース at 2018年05月16日 18:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png