E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png

2017年12月28日

第2回ブルーハーツな人たち「松本人志(ダウンタウン)」さん

今回は、個人的にもその作品にかなり影響を受けた一人であり、
おそらく一番僕を笑わせてくれた人、ダウンタウンの松本人志さんとブルーハーツを取り上げます。

やはり、この方もブルーハーツ的であると思う。
松本さんが、ブルーハーツが好きである、ということはやっぱりな、とおもう。
その影響で、松本さん周りの芸人さんもブルーハーツを聴くようになっているぐらいだから、よっぽど親和性が高いのだろう。

松本さんと、ブルーハーツは、とても深い関わりがある。なので、今回はボリューミーな記事になります。

1、松本人志さんはブルーハーツのことをどう思っているのか?

ブルータスという雑誌で特集が組まれた中で、



何か影響を受けたものは?の質問に
ブルーハーツ、と明言している。
東京、大阪を新幹線で往復している時代、毎回その中でブルーハーツを聴いていた、と。

つまり、松本さんの作品の中にも、少なからずこのブルーハーツのインパクトは備わっているということだ。
僕らが、ブルーハーツから受けた何かがそこにあったように。

松本さんがかつてデビュー初期にメインを担当していた番組「4時ですよーだ」で、
「うんこちゃんとそのツレバンド」を結成、そこで歌われているのが、
人に優しく、とトレイントレインだった。



また、この動画内ではソロでも松本さんは番組最終回というのもあり、
泣きながら「君のため」を歌っている。




自身が司会を務めるミュージック番組「HEY!HEY!HEY!」ハイロウズ時代に初出演している。
その時に、「出てください」と松本さんの方からお願いしていた、という発言からも、かなり
話したがっていた様子がうかがえる。


そして、最近では
鶴瓶&松本&ウエンツの電話帳から消せない人という番組の中で、
松本さんが電話帳から消せない人として「甲本ヒロトさん」と名前をあげている。
二人で飲みに行こう、という話になるが、松本さんが大好きすぎて二人で行けないらしい。

http://www.dailymotion.com/video/x5gurtf
(26:43秒ぐらい)





2、ヒロトとの関係がわかるもの

松本さんの著作
「仕事の流儀」の最初の方に


ヒロトとのメールのやり取りがあったと描かれている。
大日本人(松本さんの映画作品)をヒロトが見た感想として、「痛快でした!」の一言だった、と。
それが、いろいろごちゃごちゃ解説されるように、松本さんとしては嬉しかったと。

また、松本さんのお笑いビデオ「VISUALBUM」




にヒロトはコメントを残している。


これを見てもわかるように、今回は、一方的に松本さんがヒロトのファンなのではなく、
ヒロトも松本さんのお笑いのファンなんだということがわかる。

それを象徴するかのような、まことしやかに囁かれているエピソードがある。

http://news.livedoor.com/article/detail/11861391/

これは、個人的な見解だが、おそらく作り上げられたデマだが、
一部、「日曜日よりの使者」が松本さんを意識して作られたこと、というのだけは当たっていると思われる。
なぜなら、松本さんがハイロウズのベスト盤CMの中で、一番好きな歌として語られているのがこの曲だし、

ごっつええ感じのテーマソングにもなっていたし、
松本さんの結婚式でも、ヒロトが直接歌った歌、という事実があるからだ。

ハイロウズのファーストアルバムが出た時にも、インタビューで
「日曜日の夜8時に放送されているお笑い番組を見て作った」とヒロトは語っている。


ヒロトが自殺を思いとどまった、エピソードは誤りだ、というのがなぜ言えるかというと、
中村一義さんが「魂の本」の中で、それとそっくりのエピソードを語っていて、

おそらく中村さんのことを指してると思われる口調で、実際に松本さんのラジオでも語られているからだ。

松本さんは、あるミュージシャンが、自殺をしようとしていたタイミングで、
たまたまそこでガキの使いやあらへんで!が放送さているのを見て、
クスクスと笑ってしまい、まだ俺、笑えんるんだ、と思って
自殺をせずに思いとどまった、という話。


これが、ヒロトであれば、こんな紹介の仕方はしないだろうというような紹介の仕方なので、
ヒロト説はない、と思っている。
2002年の1月24日(第17回)で語られている。




また、ヒロトの方も、松本さんに会いたがる瞬間があると、
ヒロトの高校時代の同級生・水道橋博士のブログの中で語られている。

http://blog.livedoor.jp/s_hakase/archives/96635.html

「前は、ヘイヘイヘイとか出てたよね」
「うん。ヘイヘイヘイは、みんなで
『松っちゃんに会いてーなぁ』ってところから(笑)」

ヒロトの方からも、ハイロウズ時代のCDジャケットの絵の執筆を松本さんに依頼している。

ロブスター(アルバム)


千年メダル(シングル)


真夜中レーザーガン(シングル)



3、この二人について語られた記事も結構ある

スピードワゴン
http://www.loft-prj.co.jp/interview/0210/13.html

20回目の人生を生きる天才達・甲本ヒロトwith松本人志・ビートたけし・中山(仮名)君
https://yusyutsusyakaitori.com/hiroto-hitoshi-takeshi/

2014年12月9日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』
http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-6413.html



おそらく、この二人に関しての情報はまだまだ膨大にあるはずですが、
私が特に印象的だったことをピックアップしました。
他にも情報があれば、ぜひとも教えてください。

調べてみてわかりましたが、やはりこの二人から何か共通するものを
言葉にはできないんだけど感じていて、それが好きなんだな、と
思いました。

人間味を感じるからなのかな?

でも、その答えは多分わからない。

「リンダリンダ」っていう言葉がわからないように、
これからもわからないんだと思う。

だからこのブログをやってるんじゃないか、とブログの存在意義まで考えさせられました。

2017年もありがとうございました。

2018年もまたこうやってたくさんの人とブルーハーツについて調べていきますので、
宜しくお願い致します。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(0) | ブルーハーツな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png