2017年07月28日

伝染病(作詞・作曲:甲本ヒロト)



この曲は、「少年の詩」に表現されるような、
青年期の、枠にはめてこようとする社会に対する反抗のようにも聞こえる。

それらへの、皮肉を伝染病として、当時の彼らの
毒々しさを持って表現した。

つまりは、少年から大人へ
一歩踏み出そうというときに、染み付いた常識やルールを守って
行きなさいという、金太郎飴人間製造型の義務教育に
釘を刺した。まるで、ここで染み付いた学校教育は、伝染病のようだ、と。

前回解説の「涙の男」の中にも
「僕を止められるか 常識という 弱い力で」

という表現があるが、ここにも密接にリンクしていると思われる。


卒業証書、という表現は、その病気にかかった証明になるんだよ、
という高度な皮肉なんじゃないか、そんな風に感じた。


ちなみに、「感染症」と「伝染病」って何が違うんだろう?と
疑問に思ったので、調べてみました⬇︎

微生物が体内に侵入し、体内で増えてからだの中に居つづけることを「感染」と言います。そして、下痢や発熱などの症状が現れてくると「感染症」にかかったと言います。感染症のうち、ヒトからヒトへ、あるいは動物からヒトへうつり広がるものを「伝染病」と言います。ですから食中毒やMRSA※2)などはヒトからヒトにうつることはないので、感染症ですが、伝染病とは言いません。これに対してインフルエンザやSARSなどはヒトからヒトにうつるので、伝染病であると言えます。(エーザイ株式会社HPより)


出だしは

Oh Yeah まぼろしが 世界をつつむ
Oh Yeah 本当に 恐ろしい
Oh Yeahしゃべれない 子供がふえる
Oh Yeah しゃべれない 言葉しか



言葉しか、しゃべれない、というのは、
心がこもっていない、ただ単純に情報伝達の意味での言葉しかしゃべれない、
マニュアルを言うだけのロボット人間への批判じゃないか。

こういうことを続けていくと、子供達が機械化されていき、個性の埋没につながるよ、と。

なんとなく、この部分でセカンドアルバム・young and prettyに収録されている曲「スクラップ」
を思い出した。

未来の夢を 書いた作文
子供の頃に 書いた作文
そんな言葉を いつまでも
バカにされても 忘れないで



こちらはマーシー作なので、
このころの純粋な、青年期特有の心情を歌った彼らはどこかで作る曲も似てきていたのだろう。


原因不明 伝染病
原因不明 伝染病
卒業証書の裏側に 病原菌がついていた
予防注射もワクチンも みつかっちゃいない


ちなみに、これを聞いたときに真っ先に思い出したのは
のちのハイロウズ「つき指」という曲だ。


「デング熱」と「マラリア」を歌詞に使い、この十数年後に
例えではなく本当の伝染病を用いた歌を作ることになるんだなー、
と一人で勝手に興奮した(笑)


それと、彼らが漢字3文字のタイトルの曲、がどれくらい他にあるのかを調べてみました⬇︎

ブルーハーツ
「脳天気」

ハイロウズ
「岡本君」

クロマニヨンズ
「流線型」
「伝書鳩」
「光線銃」


特に共通点は漢字3文字という以外ありません(笑)

posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(1) | 未発表曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。久しぶりにお邪魔しました。
すごい!こんな音源があるなんて、いつもすごいなぁって彼らへの愛を感じちゃいます。

ほんとに、ヒロトは短くて鋭い言葉で言葉でビシッと深層を突いてきますね。

この頃は大人に押さえつけられて個性を奪われ心を持たない言葉を発する子供たちを心配したのでしょうけど、今は自由に発言することもできるし個性も尊重されているのに『自由と個性』の意味を履き違えた個性ナシが増えている気がします。

たまに『子供』ってワードが出てきますよね。クロマニヨンズの『光線銃』でも
『誰からも見えない子供』っていう歌詞が出てきて解釈に悩んだのですが、ここら辺と繋がりがあったりするのでしょうか?
Posted by しおまめたろう at 2017年09月08日 02:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: