2016年04月14日

ドラマーズセッション(作詞・作曲:梶原徹也)

ドラムだけで構成された、珍しい曲。


そして、一度もこれまた最後まで聴いたことがなかった。


これは、本当に玄人向けの作品で正直ドラムを叩いたことのない自分にとってはよくわからなかった。


これ聞いてて思ったのはこのドラムにどんなメロディが合うかなあ?

ということで、それを考えるのはまあまあ楽しい。



これ聞いて感動できる人は、相当ドラムへの思いが強い人だと思う。


ちなみに、梶くん含め5人のドラマーによって演奏されているらしい。
(新井田をはじめ、当時JUN SKY WALKER(S)の小林雅之、KING BEESの鈴木俊之、大島賢治)

その中の大島さんはのちのハイロウズのドラマーである。

こういう曲が入っているのを見るだけでも、ブルーハーツにとってのPANが特殊な状況によって生まれたことを感じ取れる。

ブルーハーツに、「PAN」から入った人が、

「なんだ、ブルーハーツってこんなもんか」とは思ってほしくないな〜とは思った。


歌詞がないので、この曲の感想になってしまうが
ある種ブルーハーツらしいといえばそうなのかも。

なんでもあり!っていう精神という意味では。

彼らは、きっと変な義理とか売れそう、とかそういう理由で音楽をやっていないから、

飽き始めたら、熱がなくなったら、こういうPANみたいなアルバムになっちゃうんだろう。


もう、いいや、ブルーハーツは、みたいな。


それより「グッドバイ」

さよならする、きれいさっぱり

とハイロウズへ向けて、次の世界へと向けて


もう過去のことは気にしないで


「飛ぶ鳥後を濁さず」みたいな言葉もあるけど


濁っちゃうものはしょうがねえじゃん


てな感じで、もう終わらそう

ということで終わらした感じだな。

解散のときも、次の予定は?と聞かれて


「解散かな〜」


と気軽に言っているあたり、


体裁とかは本当気にしないんだろう。


というわけで、全曲を解説する!と言って

始めた当ブログ

「もう一度聴くためのブルーハーツ全曲解説」

でございますが、一度ここで締めさせていただきます。

ただし、まだ未発表曲は解説仕切っていないので、
それらを更新する予定です。

ただし、好きな曲のみでw


始めた時は、ブルーハーツが大好きだから、それを世の中に広めて
その中で知り合いにもなれたり

ブルーハーツの輪が広がったらいいな、とか

さらに

高校生の時にブルーハーツに救われた自分のように

まだブルーハーツを感じてない人たちが

よりそれを感じられるように、そのきっかけになるために

このブログが存在できたらいいなと思い

記事を書くたびにアクセス数は上がっていき、様々な方のコメントの協力もあり、(特にしおまめたろうさん、全記事へのコメント、本当にありがとうございます)


その目的はほとんど達成されました。


大阪ブルズ(旧名大阪ブルハーツ)さんにも会えたし

このブログを書いてよかったな、と思います。(村田さん様々な方にご紹介くださいましてありがとうございました)


書き始めた時は26歳だったのに、今はもう29歳になりました


いや、本当に時の流れは電光石火

あれもしたい これもしたい もっとしたい



夢が叶うその日まで夢見心地でいます。




ヒマラヤほどの消しゴムと
ミサイルほどのペンを片手に

寂しい夜が何度続いても
切ない朝を何度迎えても

決して負けない強い力を一つだけ持ち

栄光に向かって走るあの列車に乗って行きましょう。




湖にドボンかもしれないけど

いつでもまっすぐ歩きましょう。




プルトニウムの風に吹かれながら

爆発寸前の火薬のようなレコードを

聞いたあの日のように



かっこ悪くたっていいんです。



そんなことは問題じゃない。



大人たちに褒められるような馬鹿にはならず

そんな人には毒づいてやりましょう。




わがままな子供のように

僕らは泣くために生まれたわけじゃなく

負けるために生まれたわけじゃない。





くそったれの世界のため

ブルーハーツの歌は終わらない。



ありがとうございました。
posted by 荒井コウスケ at 11:28 | Comment(11) | PAN(Last Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイロウズ全曲解説も是非・・・笑
Posted by どぶねずみ at 2016年04月14日 13:08
ありがとうございます!
やるかもですが、ちょっと違う形で行うかもしれないです!その時はまたみてください!!
Posted by 荒井コウスケ at 2016年04月15日 19:36
コウスケさん、お疲れさまでした🎵
もう3年近く経っていたんですね。
このブログを見つけた時は、ずーっと続いていくんだろうなぁと思っていたのにあっという間でした。

私がブルーハーツと出会ったのが20の時。
出会ったばかりの時はノリのいい激しい歌ばかりをチョイスして聞いていました。
実はブルーハーツが解散してからしばらく彼らから離れていた時期があって、それはあまりにも彼らに心頭しすぎて『ハイロウズ』というバンドを受け入れられなかったからなのか、ただ単に飽きてしまったのかはわかりません。が、数年後また思い付いたように、狂ったようにブルーハーツを聞き出して、その時改めて彼らの作る歌の奥深さに震えてしまいました。大好きです。

そしてそんな時見つけたのがこのブログで、嬉しくてやった!と言ってしまいました。なぜなら私の周りにはブルーハーツの良さを知る者が誰もいなかったからです。
私がもう大好きでだいすきで、自分の考え方に自信がつき、人生すら変えてしまったブルーハーツの歌の素晴らしさを語り合える者が誰もいなかったからです。

なのでつい嬉しくて、全部の歌にコメントしてしまいました。時にしつこいかな?などと思いながら、ただ単に自分の感想をだらだらと述べてしまって、『私がこんなにしゃしゃってたら他の方がコメントしづらいのではないか』などと思ったこともありました。
でもこのブログによって、改めて聞き直しあの頃と違う感銘を受けた歌もたくさんありました。

また長くなりました(笑)
こんな私のコメントに毎回丁寧に返事をくださいましてこちらこそありがとうのざいました。
最後になりますが、私が彼らの楽曲をずっと『曲』と言わずに『歌』と言っていたのにお気付きだったでしょうか?
それはかつてヒロトが「なぜ詩と曲を同じ人が書くのですか?」との質問に「だって詩と曲があって歌でしょ。別々はありえない。僕は歌を作ってるから」というようなことを言っていたからです。なので私の小さなこだわりでした。

コウスケさん、本当にお疲れさまでした!
そしてありがとうございました。
最近ハイロウズもちゃんと聴こうと思っているのでまたお会いできるのを楽しみにしています!
Posted by しおまめたろう at 2016年04月16日 10:53
解説、すごいの一言です。
なんとなくブルーハーツが好きで検索していたらこのサイトと巡り会いました。
このサイトの解説を見て、こういう捉え方もあるんだと、ますますブルーハーツにハマっていきました。
今では私の中で本当に本当に大切な尊敬するアーティストになりました。
今まで本当にありがとうございました。
Posted by あいことば at 2016年04月18日 00:44
しおまめたろうさん

本当にありがとうございました。
いつかどこかでお会いできたら嬉しいです^^

私も同じ気持ちです。爆発しそうな仲間と出会ってみたかったんですね。ブルーハーツ風に言うと。


「曲」と言わずに「歌」と表現されていたのには、気づきませんでした。でも、しおまめたろうさんのコメントから受ける印象は「歌」そのものでした。そういうこだわりが文字から伝わっていたんだと思います。

時として人生の節目で、ブルーハーツが鳴り止まない時がありますね。そんな時にまた改めて自分でも読み返してみようかな、と思っています。

そして次のステップではハイロウズやクロマニヨンズも聞いていろいろ感じたいなと思っています。


彼らの残した作品が誰かの人生を変えた証のように、体現していければ嬉しいかなと思っています。

まあ彼らは何も望んでいないでしょうが。

はい、またハイロウズとかやるときはぜひ見てください^^

ではまたお会いする日まで!!
ありがうございました!!
Posted by 荒井コウスケ at 2016年04月18日 17:47
あいことばさん

コメントありがとうございます!
そう言ってもらいたくて、そういう人が増えたらたのしいな〜とおもって始めたブログなので、感無量です。

お会いできることがあれば楽しみにしています。

これからもよろしくお願いします!
Posted by 荒井コウスケ at 2016年04月18日 17:49
大変お疲れ様でした!!!!
次は荒井さんのハイロウズやクロマニヨンズの解説についても是非聞かせていただきたいです!!
Posted by すなお at 2016年04月22日 17:00
すなおさん

ありがとうございます!もしかしたら本当にやるかもしれません!!
Posted by 荒井コウスケ at 2016年05月20日 23:38
自分がブルーハーツを好きになった時期とこのブログが終わる時期が重なってました!
まだ見始めたばかりですが、全部見ることが楽しみです!
Posted by セル坊 at 2016年08月10日 10:28
はじめまして。このブログ見ながら、ブルーハーツを聞いてます。
私が生まれて数年でブルーハーツは解散したので、ぜんぜんリアルタイム世代じゃないんですが、それでも色褪せない、心に響くバンドですよね。
Posted by at 2017年02月20日 22:29
ただの一個人の解釈を"解説"とか言って公開して恥ずかしくないんですか?
Posted by EMI at 2017年04月12日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: