2016年04月03日

トバゴの夢〜キチナーに捧げる〜(作詞・作曲:梶原徹也)

これって、梶くんの曲だったんだ(笑)

本気で知らなかった。また河ちゃんがトリニダードトバゴに行った時の話だと思った。

梶くんて南国好きなのかな。花になったカマキリもサンバっぽい雰囲気で、これもそう。

梶くんのボーカル、声出てねえ〜

なんか勢いない〜

ってヒロトの凄さがまたわかるんですね。
ブルーハーツだと思って聞くから、ヒロトのボーカルが前提で聞いちゃうから、そうなってしまう。

やっぱり、あの圧倒的な熱とパンクに満ち溢れたヒロトのボーカルがブルーハーツを世界に知らしめたんだ、と実感する。



いつもの場所から 今日も聞こえてきた
夜が明けるまで踊り続けよう


ブルーハーツの「踊り続けよう」
は圧倒的に「ダンスナンバー」であり、
カーニバルではないな〜


明日世界の終わりが来てもダンスナンバーで
踊り続けよう


だ。

遠い国の知らないメロディ いつも笑って僕を迎える

一度聞いた時から 全てがわかるような
彼がまた歌ってる カーニバル


とにかくカーニバルで感動したんだろう、梶くんは。
遠い国って言ってるから少なくとも日本ではないなあ。ブラジル?

そしてちょくちょく出てくるこの「彼」とは誰なのか。もしかしたらこの曲にはモデルがいるのかもしれない、と思って調べたら
この曲のサブタイトル「キチナーに捧げる」がヒントになり、これは
カリプソの父・ロードキチナーだということがわかった。



この人に感化された歌だったんだ、この歌は。


スチールパンに合わせて 踊り歌おう
まるで彼のように ステップ踏んで
タンタタタ タンタタ


なんでここで「スチールパン」を持ってきたのかな、
と思ったのですが、トリニダード・トバゴで作られたからみたいです。「国民楽器」とまでされるほど、その歴史には深い関係があるみたいです。


青い夕暮れの中 光るサバンナ
月の光浴びて きっと眠れない

音の島からはるばる届いた
形の見えないプレゼント

その秘密の魔法にそっと触れたならば
君はもう知っているカーニバル




というようなことを見ていくと、このメッセージがイメージできてきた。
音の島、っていうのがトリニダード・トバゴで
プレゼントというのが歌だったと。

ヒロトがマンフレッドマンに衝撃を受けたように、梶くんもそういう衝撃的な経験があったのかも。
でもなぜそれでパンクロックのようなジャンルを選んだんだろうな。聞いてみたいですね。

また、トリニダード・トバゴについては、サッカーで「ドログバ」というめちゃめちゃうまい選手がいるのですが、それしか知らなかったため、勉強になりました(笑)

posted by 荒井コウスケ at 19:13 | Comment(0) | PAN(Last Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: