2016年03月28日

真夜中のテレフォン(作詞・作曲:河口純之助)



河ちゃんの中で一番クセのない曲かもしれない。そして、河ちゃん曲の中で一番聴いている曲。
(聞きたいわけではないが、CDを再生しているときにまあ飛ばすまでもないかな、と思うので聴いている)

歌詞の内容も、これは解説するほどのこともなく、
含みを持たせ、誰が聞いても想像ができるように構成されている。

舞台は別れ話をした後かなあ。
最終電車で戻るのを待っていた、って言ってるから。

で、今会えないっていうところでおわらせてるから。
それか遠距離の話かもしれない。

電話でしか話せない状況だから、あえて「テレフォン」を取り上げられた、とも考えられる。
目をつぶれば君が見える、ということは目を開いた状態では見えない、とも言い換えられ
想像の中での人でしか無くなってしまった、とも考えらるのではないか。まあ、妄想だけども。

「テレホン」ではなく「テレフォン」としているところがこだわりを感じる。


真夜中のテレフォン 君からのテレフォン
少しだけでも
真夜中のテレフォン

最終電車で君が戻るのを待っていた
目をつぶれば君が見える 星空の下

今会えない


この曲には、ライブバージョンがあって、河ちゃんのライブでの感じも聞き取ることができる貴重な曲。
その時に、サビではお客さんたちがレスポンスをかえしていて、当時はこの曲も多くのファンに認知されていたんだろうな、
と想像できた。

で、これが一番興奮したんだけど、河ちゃんは何も悪くないんだけども、
真夜中のテレフォンを聞いた後に来るヒロトの声は、すごい!!ってなる。
やっぱりヒロトは違うな、と。ヒロトの凄さを感じるのにこの曲が盛り上げてくれることがある。
勢いとか熱が圧倒的に他のボーカルとは違うんだなぁと。

ライブアルバムを聴いたら、もしかしたら多くの人がそういう印象を抱くことになるかもしれない、
そんな一曲です。
posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(4) | HIGH KICKS(5th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
この歌は現役ブルーハーツファン時代は普通に聞いてました。
でもあんまりおもしろくないから飛ばしてたかも(笑)

記事にあるYouTubeの映像、マーシーがベース弾いてるやつですか?(確認のため見るのもおっくうという笑)マーシーがつまらなそうにベースを弾いてる姿がたまらなかったです。
Posted by しおまめたろう at 2016年03月28日 23:00
コメントありがおつございます!

やっぱりこれは普通に聞いてしまうやつなんですね笑
てか、マーシーベース弾いてますね、ベースも弾けたんですね〜そこは知らなかったです!!
Posted by 荒井コウスケ at 2016年04月01日 14:06
初めてコメントさせていただきます。
実は当時から河ちゃんの曲結構好きなんですよね
心の救急車とかシンデレラとか
コーラスの声も好きだったし
解散の時はそりゃ恨んだけど、「もしかしたらマーシーがまたソロで活動するかも」って期待もあったから恨みきれない部分もあったな
まぁマーシーはまたヒロトを選んじゃったんだけど
良くも悪くもみんな個性的でそれぞれ魅力があったよね
Posted by 真島ファン at 2016年04月09日 21:53
真島ファンさん

コメントありがとうございます!

コーラスの声、というのは渋いですね。その視点はあまりありませんでした。
マーシーとヒロトはずっとこれからも一緒にい続けそうですね。
河ちゃんもブルーハーツの中でインパクトを残してくれましたね。
Posted by 荒井コウスケ at 2016年04月15日 19:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: