2016年03月19日

幸福の生産者(作詞・作曲:河口純之助)

またまた河ちゃんの曲。

これは正直、タイトルからして完全に河ちゃんが信仰している
団体をイメージした歌だろう。

※2017年、清水富美加の出家騒動でも話題になっている

好きなものはひとそれぞれなのでいいけども、
ここまで表現すると、ヒロトがひいてしまったのもよくわかる。

当時の河ちゃんの傾倒ぶりがここからうかがえる。(今もかも知れないが)


出だし


RIGHT RIGHT RIGHT 
RIGHT MIND



これは、RIGHTって言ってたんだ、と今はじめて知る(笑)

ふぁい、ふぁいふぁい、ふぁいとまい、ってきこえてたので、
なんかの叫びかと思っていた(笑)

一応解説すると、「正しい心」みたいなことか。



世界中の心に今も輝いてる
誰もが皆憧れてる 幸福の生産者


与えゆく愛には 見返りはいらない
与えることをはじめたら はじめた時よりずっと
増え続けてゆくんだ けして減らないのさ



誰もが皆あこがれてる、というあたりがかなり傾倒している。

その辺が、やはり敬遠されてしまうきっかけにはなってしまうと思う。

そして、「与えよ、さらば与えられん」という新約聖書の言葉があったけど、
これは意味は一緒なのか。またキリストとは違うのか。


奪い合うものには後に 悲しみが待ち受けている
取り戻そう叡智を この世に神の夢
遥か彼方に超える夢(念に)涙は溢れてきた


心という言葉から どれだけたくさんの意味を
探しだしてゆけるのか 本当の出発だ
遥か彼方に超える愛(心に) 涙は溢れてきた

叡智とか神の夢とかのワードチョイス、羅列が
河ちゃんの後期っぽい。

目覚めた感じだな。覚醒したというか。
想いという文字を「念い」にしているあたりも
それっぽい。


完全にブルーハーツ色は消え、河ちゃんのソロ曲となっている。

「幸福」をタイトルにしてしまうのは、だいぶ思い切ったというか、
もう関係ないモード突入していたんだろうな。


でもロックにハマることも宗教にハマることも、根源的には一緒なのかも。

何にビビビ、と来るかで、ただその表現方法が違うだけで。

河ちゃんもロックにはまっていたけど、それよりもビビビときたから、そっちの世界に行ったとかいてあったし。


もともとハマりやすい傾向に有る人が、もう一個の違う何かにビビビと来たら、ハマってしまうものなのかもしれない。


ヒロトやマーシーにとってはそれがロックだっただけのことだろう。


posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(4) | PAN(Last Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

もうこの歌をブルーハーツとしてのアルバムに入れる事に嫌悪感しか覚えません。
信仰の自由があるので、河ちゃんが何に傾倒したって知ったこっちゃないけどここでやらないで。って感じです。

私の中でブルーハーツのアルバムはDUG OUTで終わってます。
Posted by しおまめたろう at 2016年03月26日 08:01
コメントありがとうございます!
そうですね、ちょっとこれはやりすぎですよね笑
Posted by 荒井コウスケ at 2016年04月01日 14:07
はじめまして。ブルハ初心者と申します。

私はブルハ後期のベース担当の河ちゃんがなぜ宗教的なものにハマってしまったのか、という嫌なような、ややこしいような印象を感じます。

その宗教の素晴らしさに陶酔してしまった河ちゃんが布教とかしはじめて、それに対してヒロトやマーシーが反抗してしまったため、ブルハ内でも雰囲気が悪くなって、よく分かりませんが、解散してしまったのかなと思います。その頃の曲にもヒロトが作った「ヒューストン・ブルース」という形で出ていますよね。

ブルーハーツは僕にとっては聞く人、歌う人、演奏する人のそれぞれの主観や感性を大事にするバンドだと思っています。要するに、聴く人が、何をイメージするか、何を考えるか、とか、一つのモノにはまとまらない感じです。それを尊重してるのだと思います。なのに、河ちゃんがなぜヒロトやマーシーなどの他人の主観にまで入り込んで宗教的に仕上げていき、それを見てきた人へ様々な誤解を与えていってしまったのは正直複雑な感じがしますね。
Posted by ブルハ初心者 at 2016年06月01日 14:19
THEBLUEHEARTSの名曲紹介    1リンダリンダ          2人にやさしく          3情熱の薔薇           41000のバイオリン       5チェインギャング        6TRAIN-TRAIN 7ダンス・ナンバー        81001のバイオリン       9キスしてほしい        10少年の詩           11ハンマー           12電光石火            
Posted by at 2017年04月06日 15:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: