2016年02月29日

ひとときの夢(作詞・作曲:河口純之助)

この曲、なんと本気で初めてこれをきいた。

こんな曲あったんだ(笑)

たぶん無意識にとばしていた、というよりこの曲をMDにもiPodにもいれてなかったし、
PAN持ってるけどCDではほとんどきいてなかったから、
こんなことが起きたのだろう。


出だしがなんというか、神聖な感じ。



もう、ブルーハーツが絶対やらないだろうな、というような曲展開である。


歌詞は失恋の歌か?
メロディはなんか民謡っぽい。というか河ちゃんの曲全体が民謡っぽい。



今も僕を見守ってくれる 愛しい人
いつも夢を語り合える 愛しいあなた

過ぎた月日の重さより 大切な人
夜の冷たさ 忘れてしまう 大切なあなた


ここについては、まあその通りで解説は必要ないだろう。

気づいたのは、最初は「人」ではじまり、そのあと「あなた」で統一していること。


河ちゃんなりに詩を工夫しているのが伺える。


ひとときの夢の あいだに生きている
本当のふるさとに 戻る日までの旅をするよ


「本当のふるさと」をブルーハーツでつかったのは
「ナビゲーター」以来。

ナビゲーターの、「野垂れ死んだところで ほんとうのふるさと」が印象深すぎて、
本当のふるさとに戻る日までのたびをしないのがブルーハーツだと思ってしまった。




蒔いた種は やがて実る
だいじな夢 何を植えようか
育ててゆこうか 大事な心


この辺が、やはり河ちゃんっぽい。
なんか、地球の神聖なサイクルが好きなんだろうな。

こういう詩から連想されるのがなぜかルネサンスの絵画。


こんな感じ。
botticheri_vinasuno_tanjou1.jpgimg_0.jpg


何もつながりはないんだけど、そんな気がする。


育てる、とかそういうの河ちゃん好きだな、ほんと。

posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(2) | PAN(Last Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

この歌、一回も聴いたことないです。
歌詞を見る限り、ブルーハーツで歌えなかった(採用されそうもなかった)歌って感じです。このアルバムはそれぞれが自由に持ち寄った寄せ集めアルバムという認識です。
梶くんはどう思ったんだろうなぁ。
Posted by しおまめたろう at 2016年02月29日 08:30
しおまめたろうさん

自分もまったくきいたことがなくて、これほんとにブルーハーツの曲なんか?とうたがってしまいました笑
Posted by 荒井コウスケ at 2016年03月18日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: