2016年02月22日

ありがとさん(作詞・作曲:河口純之助)



これは、河ちゃんの心の声なのかもしれない。

録音スタイルが、なんかテープレコーダーみたい。
わざとそうしているのだろう。


河ちゃんの曲の中で、もしかしたら一番好きかもしれない。


というのが、歌詞もメロディも奇抜なものではなく馴染みやすいものになっているから。


弾き語りしてみたい、と河ちゃんの曲の中でははじめて思った。
覚えておくといろんな場面でオリジナルっぽく使えそう(笑)



ただPANはもうブルーハーツのアルバムとは言えないくらい、
独自性の高いものだから、河ちゃんのソロ作品として考えている。


こういう、シンプルな言葉とメロディでやっていけば、河ちゃんてもしかしたら
メロディメーカーになれたのかもしんないな、なんて思った。

全然具体性をもたせずに、ふわっとした言葉で作り続けていった河ちゃんの曲を、
ヒロトが歌っていたら何かブルーハーツの新しい味が見られたような気がする。

まあ「たられば」は意味がないので、そんなことを思った、ってことだけです。


遠いあの街まで 歌いにゆきました
そこに出会いがあり 夢も育ちました


なんか、ここポイントなんだけど「いきました」ではなく「ゆきました」って言ってるところが
河ちゃんぽい。ものすごく、河ちゃんぽい。

遠いあの街まで、っていうのは地元を出てきたところから始まっているんかな、
と思ったら地元東京だったからそんなに遠くないな(笑)

ヒロトとかは岡山からでてきてるわけで、遠いあの街って感じだけど。

精神的な比喩なのかな、もうふるさと(過去)へはもどれない、といったような。

夢も育ちました、っていうところでおもうのが、
「育つ」とかそういう神聖な過程に
河ちゃんは共感しているような気がする。それが行き過ぎて、ものすごいスピリチュアルにもなったと思うけれど。

ちなみに、ここでさらに追加で思い出されるのが河ちゃんの本名は「純之助」ではなく「宏之」だということ。おそらく、神聖な「純」を使いたかったんじゃないか。


ありがとさん ありがとさん
またあえる時まで

ありがとさん ありがとさん
どうもありがとう


もう、シンプル。


これはバンドメンバーだけにならず、ファンの人とか、いろんなことひっくるめて
ありがとさん、なんでしょう。

河ちゃんなりに気持よく終わらせたかったんだろうな、ややこしいままに、じゃなくて。
それが正義だったのかも。

で、ありがとう、って言葉を用いずにそこに「さん」づけしているのも河ちゃんっぽい。
ちょっと、おっさんぽいっというか(笑)
親しみやすい感じ。



解説いらないですね(笑)
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(0) | PAN(Last Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: