2015年12月22日

キスしてほしい(作詞・作曲:甲本ヒロト)


ブルーハーツの中でも最も有名な曲のうちの一つ。

そしてブルーハーツはあまりラブソングを歌わないが、これは珍しく完全に
、かつわかりやすーいラブソングだ。


数々のアーティストにカバーされている。
シンプルかつストレートで、どんな人が歌ってもそれらしく感じられるからだろう。

だって、サビがキスして欲しい×4ですから。

中の森バンドとか、メロン記念日とか、女子がカバーする傾向にある。

女子が歌うと可愛く聞こえる。


そのままほんとにこれは文字を受け止めればいいけれど、
自分なりに解釈してみる。


出だしはサブタイトルになっている言葉。


トゥートゥートゥー・・・



なぜ、「トゥー」なのか。
まあ、全く理由はなく「なんとなく」なんだろうけれど、
「ヘイ」でも「ウォウ」とかでもいいのに、
「トゥー」を持ってきたのはめちゃめちゃ斬新。

ブルーハーツ以外で「トゥー」を使っているバンドあるのかな、というくらいに。

ちなみに、これをきいて思ったのが、アーティストそれぞれ特徴があるな、と。


例えば長渕剛であれば「ぴぃ」を先頭に持ってきたのは新しい。

ろくなもんじゃねえ↓

https://youtu.be/PUbr9KbrcCU

CHAGE&飛鳥はサビに
「Yah」をもってきた。


一昔前のあやまんジャパンは「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」をサビに。(オリラジ藤森VER)



でもやっぱりクロマニヨンズの
「ビリ」(夢の島バラード)が個人的には好きだな。



とまぁ、こういう細かいところを考察していこうと思う。




どこまでいくの 僕達今夜
このままずっと ここにいるのか
はちきれそうだ 飛び出しそうだ 
生きているのが 素晴らしすぎる



これは相当嬉しいに違いない。その人と一緒にいることが。

そしてどこまでいくの、とわかりきっていない状況が説明されていることから、
新鮮な感情を抱いている。故に付き合う前の気持ちなのではないか。

心臓が飛び出るくらいの、ワクワク感で
今この瞬間が生きているのが素晴らしすぎると思えるくらいの
嬉しさをヒロトの言葉で表現したらこうなったんだろう。




キスしてほしい

二人が夢に近づくように キスしてほしい



二人が夢に近づくように、はロマンチックであり、
二通りの解釈ができる。


「夢に近づいているかのように」



「夢に近づくために」

か。

まあどちらでも大差はないし、その人の受け取り方なんですが。



もう動けない 朝がきても
僕はあなたの そばにいるから
雨がふっても 風が吹いても
僕はあなたを 守ってあげる


これは、たとえ動けないくらいの朝がきたって、
そばにいてあげるよ、という優しい心遣いなんだろう。


次が、なかなか青い。

教えてほしい

終わることなどあるのでしょうか
教えてほしい


この二人の関係って終わることなんてあるのだろうか、
というくらいに今の瞬間が輝いているということだろう。
そのくらい、そんなことありえないだろうから、
教えられるなら教えてみてくださいよ、というような嬉しさ抜群のニュアンス。

実際、自分がコピーバンドをやっている時もこの曲をカバーしていましたが、
すごいバンドやってる感を感じられる曲でもある。

途中で河ちゃんの「fu〜」とか、
ハモリのところとか。

ギターもベースも非常に簡単なコード進行なので、ギター初心者とかバンドやりはじめの時は
練習に良いかもしれません。



ちなみに、こんなにカバーされてました↓












これはワロタw↓




posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(6) | YOUNG AND PRETTY(2th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメ失礼します。
ここ数日かけてすべて読ませていただきました。私の年齢だとブルーハーツを語れる人が少なく、楽しく解説を読ませていただきました。ありがとうございました。
Posted by wood at 2015年12月26日 05:08
おはようございます。

『キスしてほしい』はおっしゃる通りそのまんまストレートなかわいい歌ですね。
ひヒロトって急にこういうかわいい歌を作るし恋愛好きですなぁ(笑)

『もう動けない朝が来ても僕はあなたのそばにいるから 雨が降っても風が吹いても僕はあなたを守ってあげる』のところ、相手を思う優しくて強い気持ちがまんま出てて好きな歌詞です。

この彼女は何か悩み事があるんですかね?
というかなんかか片想いの歌にも聞こえてくるのですが……ラブレターの彼女と同じ人物でしょうか?

今もCMなんかで盛んに使われてる名曲ですね。でもその元歌がブルーハーツの歌だって知らない人もいっぱいいるんだろうなぁ。

ちなみに、この歌はライブでは珍しく『トゥトゥトゥ〜』の部分に振り付けがあって、みんなで踊るのがとっても楽しい歌でした。
Posted by しおまめたろう at 2015年12月26日 06:04
WOODさん

数日かけて!
そんなたくさん読んで頂きありがとうございます!私も同世代だとあまりいないので、そんな人といろいろ知り合えたら嬉しいと思っています。
Posted by 荒井コウスケ at 2015年12月29日 16:36
しおまめたろうさん

ヒロトは、たしかにそのかわいい恋愛の歌、って表現がマッチしていますね。

これ、片思いっぽいですよね。
だってこんなにうれしいことって、自分が相当好きなバージョンの恋愛じゃないとないですもんね。

リリースされた時期を考えてもラブレターと同じかもしれないですね。ていうかライブで振り付けなんてあったんですね、全然知らなかったです!




今年1年、毎回コメントして頂き、
本当にありがとうござました!!!
しおまめたろうさんあってこのブログは存在しているようなものでした、本当にありがとうございますm(_ _)m
こんなに長くネット上でお付き合いいただいた方は初めてなので、本当にうれしいです。

今年はありがとうございました、
来年も宜しくお願い致します。
Posted by 荒井コウスケ at 2015年12月29日 16:42
「もううごけない〜」は別の捉え方してました。
朝が来たとしても、ベットから動くことが出来ない。なぜなら隣にはあなたがいるから。
隣にいれば風は雨からあなたを守ってあげれるから。
そう捉えてました。

これ結婚式で使えそうですよね。僕を新郎の名前に変えて、キスをあおるという(笑)
Posted by セル坊 at 2016年08月10日 12:32
この曲はノリを楽しむって感じで聞いていただけにああそうか!とすごく納得して改めて感動しました。やっぱブルーハーツすげえってなります!
そうやって考えて、あらためて歌を聴くと、解釈に口出しするようで気がひけるのですが、トゥートゥーと言う歌詞はなんとなくそうなのではなく、トゥートゥーと言う時の口の形がキスの時の口の形同じになるからで、キスしてほしいって気持ちを仕草に表してるからなんじゃないかと思ったりもしました。
Posted by まる at 2016年09月18日 18:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: