2015年11月02日

パンクロック(作詞・作曲:甲本ヒロト)


smile.jpg

僕がブルーハーツを好きなのは、
そこに「人間」とか「心」を感じるからだ。


それがもろに体現された、大好きな一曲。


シンプルすぎるほどシンプルなんだけど、
ワードチョイスは天才的すぎる。


シンプルに表現することの難しさを芸術家がいうけれど
その境地に近い。

説明しまくる歌はたくさんあるけど、そのどんな説明よりも

「パンクロックが好きだ」と気持ちを伝えきるには


この曲のこの言葉だろう。


出だし


吐き気がするだろ

みんな嫌いだろ


僕は、この出だしに最高に共感した時代があった。(今でも、そんなときはある。)


全員大嫌いだ、となんか自分と他人との違和感に吐き気がして
現実を受け入れられないことがあった。

それは衝動的で一瞬のことかもしれないけど、そんな時同じ気持になった人が
いたんだ、という嬉しさと優しさを感じた。

本当に飾ってなくていいなあと。


飾り始めたまわりに、飾ることに気持ち悪さを覚えていた自分が吐露した気持ちが

「吐き気がするだろ みんな嫌いだろ」だったと思う。



まじめに考えた
真面目に考えた


まじめに考えたって二回いってるだけなのに
これだけでその青年の心情を表現しきったものもないだろう。

青年は、まじめだ。ブルーハーツの、青年は。


すっごいふざけてても、心の奥底では真面目だったりする人なんじゃないかな、
ブルーハーツを好きな人、ブルーハーツは。


僕パンクロックが好きだ

中途半端な気持ちじゃなくて

本当に心から好きなんだ

僕パンクロックが好きだ



これだけ胸をはって好きだっていえるのは、確信なんだろうな。

だってヒロトはマンフレッド・マンのロックを小学生の時にきいたら、
なぜか涙がでてきたって言ってたし。

もうそれが衝撃的すぎたんだろうな。これで生きていこう、って思ったらしいし。


やりたい、とかそんな次元じゃなくもうこれしかやりたくない、
これ以外はどうしようもなく興味がわかない。

ナッシング・トゥ・ルーズ

これを感じる時の偉大さはすごい、と言っていたから

彼女も親も友達も全てがなくなってもいいくらいの勢いだと。



このサビのボーカルが好き。めちゃめちゃ心こもってる。


弾丸で耳にぶちこんでくるような、熱量で歌ってる感じ、

ブルーハーツファンの10FEETだったか、その人達も言っていた。

これだけ熱量ですべてをカバーできるバンドはいない、と。





友達ができた 話し合えるやつ

何から話そう 僕の好きなもの



友達ができたときの、あのワクワク感ね、
あれ本当に好きなんだな。

その時の気持をパンクロックとからめてるんだな。


学校にいくのが少しは楽しみになるような、友達って偉大。

自分の場合はパンクロックで仲良くなったんじゃないけど、
似たような気持ちだっただろう。

その時は僕はドラゴンクエストというゲームだったり、
ポケモンだったり、とにかくこの時のヒロトほどかはわからないけど
ゲームが好きで

そのゲームを通じて、ゲームの話をすることで友達ってできるんだ、って
ことに気づいてそれでゲームにはまった。

最終的には友達が欲しかっただけなんだと思う。

ゲームをやらなければ友達をつくれなかったから。


ヒロトの場合はマーシーなのかな、この話し合えるやつって。

未だに続いているし、すごい嬉しかったんだろうな。


そんな友情も感じれる、ヒロトのパンクロックへの愛とそして
それによって充実した生活を賛美するような一曲。
posted by 荒井コウスケ at 21:30 | Comment(6) | THE BLUE HEARTS(1st Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出だしの吐き気がするだろ みんな嫌いだろの部分の僕の解釈は浩介さんとは違いました(正確に理解できてないだけかもしれませんが)。僕はパンクロックが嫌いだろ 吐き気がするだろという意味にとりました。当時のパンクバンドはライブで騒いだり、暴れ倒したり世間的には怖いイメージがあった。だから世間の人に問いかけてるんだと思いました。
ただ高校生の頃、着飾ってる大人たちを見て、僕も浩介さんと同じように嫌だなぁと思っていました。社会に対する純朴な疑問ですね。そしてそれはブルーハーツの一つのテーマでもありますよね。
これはヤンキー的な考えとも青臭いとも思いません。僕の好きな星の王子様という本でも、大人たちにこういった疑問を投げかけてるシーンがあるんです。ですので彼らの歌詞は美徳についての立派な文学的なテーマだと思ってます。なので浩介さんのブルーハーツは真面目だ、という意見にものすごく共感します。人とは、心とは、について考えて考えて悩みながら生きているのが伝わってきます。
個人的には、‘‘ああ 優しいから好きなんだ’’の部分がこの曲の肝かなぁと思ってます。なので記事に書いていて欲しかったのですが…(笑)。人にやさしくの‘‘優しい歌が好きで’’の優しい歌とはおそらくパンクロックでしょうね。ヒロトさんは立川談志さんのことを優しい人と評していたそうです。人間のダメな部分を包み隠さず表現してくれる人を優しい人だと言っているのかなぁと思います。

また、ヒロトのロックとの出会いを歌った曲はどれも大好きです。ハイロウズの14才、クロマニヨンズの突然バーン。特に、最近では突然バーンの ‘‘一人じゃないんだな もう’’の部分で感動しました。
Posted by 天国野郎 at 2015年11月03日 08:39
ロックンロールが降ってきた日という本がありまして、そこにもヒロトさんだけでなくマーシーさんもロックとの出会いについて語っておられるので面白いですよ。
長文&追記失礼しました。
Posted by 天国野郎 at 2015年11月03日 08:44
おはようございます。

この歌は当時はそれほど好きな歌ではなかったです。
やっぱり当時のパンクロックって、不良の聞く歌という偏見みたいのが私の中にもあって賛同できなかったんだと思います。
ブルーハーツが大好きだったのにパンクに偏見て矛盾してるみたいですが、私はパンクというより単純にブルーハーツの歌が大好きだったんです。
のちに、いいなぁと思う歌がみんなパンクだったので私はパンクロックが好きなんだなと気付きました(笑)

この歌に関しては私も天国野郎さんと同じでただ単純にパンクが好きでたまらないんだ!と訴えている歌だと理解していました。
は吐き気がしてみんな嫌いなパンクロックが俺は好きなんだ!パンクを通してホントの友達もできたって。

でももしかしたら自分が抱えてる問題やユウウツをパンクが好きだと叫ぶことで発散していたのかもしれませんね。
Posted by しおまめたろう at 2015年11月05日 09:06
天国野郎さん

コメントありがとうございます!
なるほど、そんな解釈の仕方もあるんですね。
やっぱり、こういうの解説してみて思ったんですが自分で解釈していた部分が他の人からするとまったく別の意味になっているんだなーと。
だから世の中にある曲、たくさんありますがそれぞれで完結していて、それが表面化されることは貴重だな、とおもいました。

ああ、優しいから好きなんだ、のところ
忘れてました(笑)
たしかに自分もこの部分めちゃめちゃ好きです。解説すればよかったです(><)
Posted by 荒井コウスケ at 2015年11月10日 13:07
しおまめたろうさん

後半の部分、特に共感します!
なんか、ほんとのことを言いたかったんじゃないかと思っています。
パンクロックが好きだ、ということはめちゃめちゃホントのことだから、気持よかったんじゃないかなって。
何かをいってもどこか嘘っぽくなってしまうことの違和感に対して解決策がそれだったかもしれないな〜と。その当時の憂鬱とかそういう部分もそこに原因があって、それを晴らしたかった、っていう解釈です。
Posted by 荒井コウスケ at 2015年11月10日 13:11
ストレートに響く歌ですよね。
これは実はラブソングにも聞こえます。
好きな人に好きだと伝えられないからパンクという言葉を隠語にしてその人を好きだということを思い切り叫ぶ、という。
Posted by セル坊 at 2016年08月11日 02:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png