2015年07月27日

すてごま(作詞・作曲:甲本ヒロト)







この曲はものすごい破天荒男の歌かと最初は思った。

でもよくよく聴いていくと、

その事を批判するのではなく、

最低最悪の批判される人間のつもりで歌う、といういわば究極の批判をこの曲でブルーハーツは体現している。

あいつは最低だ!というのではなく、最低なやつのやっている心情になって、歌う、という。

これは、アメリカのことなのか。あえてここはブルーハーツが伏せているように、自分も特定の政治感情は抜きにして解説する。

また、ハイロウズでは彼らは「アメリカ魂」にて痛烈なアメリカ精神を皮肉っている。

詳しくは曲を聴いて下さい。



これは、以前解説した「やるか逃げるか」の精神にも似てるかもしれない。

出だし

おろしたての戦車でぶっ飛ばしてみたい おろしたての戦車でぶっぱなしてみたい


(こいつの感情)

人の命なんてかんけーねーよ、マジでぶっぱなすのとか楽しそうじゃん?

ゴミみたいにやっちまおうぜ。



何か理由がなければ 正義の味方にゃなれない 誰かのかたき討ちをして かっこよくやりたいから


(こいつの感情)

とりあえずさぁ〜、俺、マジで正義の味方としてえらく扱われたいから、理由が必要なんだよね。

かっこよくなりたいしさ。

君 ちょっと行ってくれないか 捨て駒になってくれないか いざこざに巻き込まれて 泣いてくれないか

(こいつの感情)

というわけで、そこの誰だかしんないけど、俺がかっこよく映るために、かたき討ちとして理由をつくるため、

お前、捨て駒になっていろんな事件に巻き込まれてくれよ。



いやいや、どんだけ自己中心的やねん、とか思うけど、こんなことは世の中にたくさんはびこっているんだ。

言ってないだけで、こういう行動をしている場面を目撃したことはないか。





あの娘に俺が何を やったのかなんて 覚えてるはずがないだろ 俺はやってない

何かきっかけさえあれば次は俺の順番だ 今度こそやってみせる

やってやってやりまくるんだ

v7g_bor.jpg

ここで場面がかわって、レイプしまくって遊びまくった軍人の心情になる。

「やってみせる」はいろいろな解釈ができるけど、要はレイプだと思う。

ヒロトもやってやりまくるんだ、のところでライブ中、腰をふってるし。



潜水艦も持ってる 魚雷も積んでる 戦闘機も持ってる 燃料はいつも

満タンにして置いてある いつでも飛び立てるように

全てを焼きつくす程の 爆弾が出番を待ってるぜ




場面が変わって、国同士の争いになる。

全てを焼きつくす?



長崎のことか?広島のことか?



日本人の僕ならそれを感じずにはいられない。

でも、多様性というのがあって被害者でも有り、加害者でもあるんだろう。

何も米軍だけがこの歌のターゲットになるわけではない。





君ちょっといってくれないか すてごまになってくれないか

いざこざに巻き込まれて 死んでくれないか 死んでくれないか 死んでくれないか




そして、最後、死んでくれないか、に変わっている。

それは強烈な皮肉だろう。

そして、ライブでは最後の死んでくれないかが一オクターブ上で歌われ、この歌の感情の全てをそこで完結させている。

この歌はライブバージョンが公式で発表されている曲が2つ有り、野音とシングルのカップリングで発売されている、最もライブバージョンの多い曲。

ちなみにカップリングのほうのライブバージョンは途中で歌詞を間違えている。
(何か理由がなければ〜のところを何かきっかけさえあれば〜で歌おうとして途中で気づいて歌うのをやめている)

直接的に批判するのではなく、こういった手法をつかって痛烈に批判する、言葉の天才のブルーハーツらしい高等な皮肉の一曲。
posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(11) | STICK OUT (6th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも興味深く読ませていただいています。
私は月並みな言い方しかできないのがもどかしいですが、
この歌を作って、ライブですごいテンションで歌うヒロトは天才だ、と思った歌でした。
Posted by もっ at 2015年07月27日 17:29
この曲、PKO批判や戦争批判を歌っていると言われていますが、僕は初めて聴いたとき学校の嫌いな奴のことを思い浮かべました。
かっこつけたかったり目立つことだけ考えて、平気で他人を傷つける奴っていませんでしたか?
たぶんこんな解釈をしてるのは珍しいんでしょうが、ブルーハーツの曲の凄さはそこにあると思うんです。本質をぐさっと突くようなことを簡単な言葉で説明してくれる。
学校で起こってることも、社会で起きてる戦争も全て人間がやっていて、本質は人間にあるんだと。鳥の目で見ると分からないことも虫の目で見れば見えてくるんだと。

想像力、それは愛だ。彼らが言うと説得力があります。
Posted by 天国野郎 at 2015年07月31日 13:44
Posted by at 2015年08月01日 15:52
こんばんは。
この歌は前奏が始まるとスタンドマイクを握りしめピョンピョン跳び跳ねるヒロトが浮かんできます。

前にやるか逃げるかの時に『やるか逃げるかは送られる側、すてごまは送る側』とコメントしましたがよく考えたら違うなーって思いました。

この歌もやるか逃げるかと同じ、主役は送られる側で、送る側との掛け合いなのではないかと。

表現の仕方は皮肉屋さんのマーシーとストレートなヒロトって感じですかね?
ある日突然、もしかしたら街を歩いてる時なのかもしれないけど、突然「そこのキミ、ちょっとすてごまになっていざこざに巻き込まれてきてくれないかね?」と声をかけられる。声をかけられた方はそれが断れない事だと知る。理不尽だけど仕方ない。

ならばやってやろうじゃないか。どうせ理由なんてないんだろうけど、ムリヤリこじつけて敵討ち、正義の見方になってやろうじゃないか。だって俺の順番なんだろ?みたいな。

なんだか権力を持ったモン勝ちな理不尽な世の中に対するヒロトの痛烈な批判の歌って感じがしました。

その当時のヒロトが疑問に思って訴えた。でも残念ながらその風潮は現在ますますひどくなってる気がします。

蛇足ですが、今述べた『訴えた』の部分。
私は彼らの、自分の意見を押し付けない自分が思った事感じたことそのまま表現するスタンスが大好きなので彼らの歌を『世の中に訴えた』と表現するのは好きじゃないのですが、この歌に関してはあえて使ってみました。
Posted by しおまめたろう at 2015年08月03日 00:58
皆様
なぜか今回のコメントが承認しないと表示されない設定になっていたようです❢混乱をまねき申し訳ございません!!

もっさん
この歌は、特にヒロトさんの天才性が表れている歌ですね。こんな歌をつくろうとは思わないですよね。というかつくれないですよね。


天国野郎さん

あーでもそれはあるかもしれないです。自分も合わない人間がいればその人に大してすてごまになってくれないか、と思うことはあります。
いろんな解釈ができていいと思うので、戦争とかそんなに大きな規模ではなくても通じるようになっているのかもしれませんね。曲の構成として。


しおまめたろうさん

毎回ありがとうございます!

やるか逃げるかはマーシーですが、精神的にこの近い曲は、普段からヒロトとマーシーが一緒に話し合う時間が長いから必然的に曲の内容も近くなってくるのかもしれないですね。

こういった歌は今の時代にも通じますね。今後ますますブルーハーツ的精神が求められてくるような気がします。

Posted by 荒井コウスケ at 2015年08月04日 13:06
途中から国同士の争い〜とか言ってるが、戦争なんて元々が国同士の争いだろ。最初の戦車からそうだろうが
広島長崎とか言い出しちゃったのは、まあ自分でも否定してるけどあまりにも馬鹿な見方
それ以外はさほど間違ってないけど「こいつの感情」って書き方がすごい馬鹿みたい
ザ・馬鹿の見本市だな。ブルーハーツに失礼
Posted by at 2015年11月24日 13:07
★Blogの主さんに共感します。★
おそらく、日本国民の多くがそうでしょう。
そして、そうあって欲しいですね。

ブルーハーツは昔っから『知ってww』いました。
存在そのものの認知は30年程?前からありました、
おっそろしく有名だったですもんね。

でも、深くは知らなかったし、
CDもその他音源も持っていません。

しかし、“リンダリンダ” とか “人にやさしく” とかのメロディーや、
ヒロトの歌声を知らない日本人は少ないでしょう。

“すてごま” のライブ映像をYoutubeで観て、
Blog主さんと同じ感想を持ち、
「こういう感じって、多くの人が受けるよね!?」って思いまして。
ググって、
このBlogに出会い、
この記事を読み、
今コメをしているところです。

ヒロトやマーシーの、
強烈過ぎるがゆえに、
秀逸にマスクされた風刺・暗喩が見事です。

“青空“ にも同じ印象を受けました。
ズドンと強烈に...... 。

自分は「アメリカ大好き*\(^o^)/*!!」を公言する人でしたが、
最近、そうでは無くなってきてますね...... (^◇^;) 。

『Theブルーハーツ』が 《形》を消されて、
ハイロウズとか〜∞.....、
その他色々と重ね塗りされて、
形が変えられていく様子が、
悪い意味で腑に落ちて...... (u_u)。

でも、
変わらないブルーハーツは世間・巷間に、
存在し続けています。

氣志團とか長渕とか中島みゆきとかも.... 、
実は地味にマスメディアから嫌われてて、
【悪く“利用されている”】こともイヤです。

年末に良いBlogに出会えて良かったですp(^_^)q 。

知らない人ですが、
良いお年を ( ´ ▽ ` )ノ 。
Posted by (^_^)vッポン太郎 at 2015年12月26日 22:05
この曲で歌われてるのは
アメリカじゃなくて日本の事でしょう。
歌詞にぴったりの
破壊的で小馬鹿にしたような
ギターリフが凄い曲ですよね。
Posted by at 2016年12月25日 22:47
すてごまは直でPKO問題のアメリカと日本の事を歌ってるんでは?
Posted by チェインギャング at 2017年06月29日 01:27
まあどっちでもいいっしょ!!(笑)
Posted by 荒井コウスケ at 2017年11月30日 20:25
Posted by at 2018年03月04日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png