2015年06月29日

あの娘にタッチ(作詞・作曲:甲本ヒロト)



この時期、ブルーハーツとして別の可能性を探っていた時期で、
こういった歌が書かれた気がする。

恋の歌なんだけど、今までの曲とは別で、少しお気楽なテイストを感じる。

そして、ブルーハーツの曲というのは、何かしらメッセージが隠れているのだが、
この曲にはそれが感じられない。


なので、正直これは解説しづらい(笑)

出来事にメロディをつけて、「おもしろおかしくやろう」。
そういう位置づけの曲な気がする。

PVもロサンゼルスでつくられ、内容もかなりお気楽。


この内容で、それでも成立するのがブルーハーツ。だから好きなんですけどね。
まんまで、そんな大したことしないんですけど、丸裸ですごいから、
飾る必要がない。

こんなことを言うと、ヒロトさんから「過大評価だ」とヨルタモリを見た後には
おもってしまうけれど、本当そう思うのだから仕方がない。



恋の呪文をつかってあの娘にタッチ

天使のような娘だって
あの娘にタッチ



なぜこのような「タッチ」という微妙な表現をつかっているのかは謎。
野球漫画の「タッチ」を意識しているのかもしれない。



ワンダーワンダーワンダー
不思議な心

太鼓とラッパファンファーレ


ここで楽器が出てきたのは、気分の高揚がまるで音楽を奏でているように感じているのだろう。
憧れのあの娘がいて、その娘にタッチした時の気持ちなのかもしれない。



初めてだった
あの娘にタッチ
初恋だった
あの娘にタッチ

世界中の時計の針を
止めてしまった プロポーズ


ここで、この恋はついには結婚まで言っているというのがわかる。
初恋から結婚という、ひとつのストーリーが流れている。

世界中の時計の針を止めてしまった、というのはいい表現。
実際には止まってないけど、止まっているかのように時が流れたのだろう。


エジプトのピラミッド
それよりも謎めいて

UFOの秘密基地 それよりも怪しくて


こういう、世界規模の表現がうまいなぁ〜と思う。
ヒマラヤとか原子爆弾とか台風とか、なんか表現が大きい。

ブルーハーツってそういうところにも、それらしさがある。

謎めいている表現をするのに、ピラミッド、
怪しい物を表現するのに、UFO、って一見簡単そうに見えるんだけど、
歌にしようと思った時に、なかなかすぐに出てこない言葉だと思う。



空を飛んであの娘にタッチ
海に潜って あの娘にタッチ


これは、例えどんなところでもあの娘がいるところに飛んで行く、
という意味。


デンジャー・デンジャーデンジャー
危ないデート 
越えてしまった境界線



これは、その日何かがあったことを意味している。
境界線を越えたということで、2人の関係は一歩進んだのだろう。


ちなみに、あの娘にタッチで検索すると、
痴漢のAVが出てくるので注意(笑)
タッチどころちゃうやん(笑)


posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(5) | HIGH KICKS(5th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいてます、
今回の解説も素敵でした!
最後のくだりで不覚にも笑ってしまいました(笑)
Posted by m at 2015年07月03日 15:27
こんばんは。

『あの娘にタッチ』のPV大好きです♪
でもアルバムでは飛ばしちゃう歌です(笑)

たまにこんなふざけたことするのもたまらないですね。ブルーハーツではあんまりなかったですが、ハイロウズのMステでのロッキンチェアーとか、『外でな』とかとっても好きです♪

そして『あの娘にタッチ』見たいです(笑)
Posted by しおまめたろう at 2015年07月03日 20:23
mさん

コメントありがとうございます!
そういってもらえると嬉しいです^^
最後のはギャグですね(笑)
Posted by 荒井コウスケ at 2015年07月08日 07:59
しおまめたろうさん

僕もそんなにこの歌はきかないですね笑

流れでそのまま聞く感じです。
外でな、いいですよね!歌詞は強烈ですが笑

DVDのあの娘にタッチもみたいですね笑
Posted by 荒井コウスケ at 2015年07月08日 09:33
ブログ、初めて拝見させていただきました。

この曲に関しては「ブルハを見限った」思い出深い感情があります。学生時代に交流があった外山恒一氏ともこの辺りで見限ったと飲みながら話したものです。
未だ何ら愛着を感じませんが、逆にそれまで・それだけブルハにハマってた時期があったものだと振り返りができました(笑)
Posted by 快速レフティ at 2017年07月20日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: