2015年05月18日

ミサイル(作詞・作曲:甲本ヒロト)

ミサイル.jpg


ブルーハーツを好きになった頃は、この曲の意味があまりわからず、
飛ばしていましたが、よく聞いていくと実はとてもいい曲なんじゃないかと思うようになりました。

ラブバラードのようなのですが、その最初の単語が「ミサイル」。
これはラブソングとはかけ離れた軍事的な要素があり
あまりしっくり来ていませんでしたが、おそらくそれは作者である
ヒロトが、そういった軍事的兵器を歌の中に盛り込むのが好きなのではないか、
という推測に達しました。

ヒロトだけでなく、マーシーも、武器とか兵器が好きなのかもしれません。


ブルーハーツ・ハイロウズ・クロマニヨンズの歌の中を思い返してみても

「レーザーガン」「マシンガン」「二丁拳銃」「ナイフ」「ピストル」
「戦闘機」「爆弾」「原爆」「水爆」「ボルサリーノ」「鉄砲」「騎兵隊」

など、たくさん出てきます。これだけ兵器を歌詞に用いるアーティストはそうそういないんじゃ
ないかなと思います。



ミサイルという単語も、思いついた限りでは

「1000のバイオリン」の中に、【ミサイルほどの消しゴム】
それからハイロウズの「ミサイルマン」という曲があり、
やはりミサイルが好きなようです(笑)


 NHK教育テレビ「人間講座」において、ねじめ正一氏が「言葉
の力・詩の力」という講義にてこの曲を取り上げたとのことです。

その中でも語られていたのは


 
この曲中主人公の、献身性はどうでしょう。こんなに素朴で素敵
な「あなたまかせ」の表現を私は知りません。
 ヒットチャートをにぎわす曲々の「愛」という表現に、たいがい
はげんなりとする私ですが、くさみがなく受け入れられます。甲本
ヒロト氏の声質・ボーカル力も、大きいのでしょうけどね。

 「風船爆弾(バンバンバン)」でも述べましたが、「ミサイル」
の道具立ては、やはりこの時期、ザ・ブルーハーツに色濃かったパ
ンク色の現れでありましょう。
 軍事関係の道具立ては、主に甲本ヒロト氏の歌詞に強く表れてき
ます。それはザ・ハイロウズにいたるまで、様々な曲で見られるも
のであります。


ということでした。


(ねじめ正一 言葉の力)




この歌はメロディが大好きで、聴きたくなるのですが、詩がその頃謎だったので
遠ざかっている曲でした。


しかしこのように見てみるととても味わい深い歌詞であり、これはこれでいいんだ、という結論に至りました。

ブルーハーツの歌は、このように後々きいてみると、とてもいい、ということがあり、
最初自分の経験が足りなかったが故に本来素晴らしいはずの作品を、素晴らしいと思えていない状態というのがあるなぁ
と感じました。



出だし

僕を発射台にのせて 飛ばしてみてごらん
花火のように 夜空を飾るよ


ヒロトって詩人なんだな〜と思うのがこれ。

なかなかこんなフレーズ思いつきたくたって思いつかない。


そして、ねじめさんも言っていますが、この主人公の献身性。


君のために、ミサイルになって夜空を照らして見せる、
なんて思ったのはヒロトぐらいでしょう。





昨日君の夢をみた  それは僕のため
チカチカ燃える 導火線なんだね



僕のためにチカチカ燃える、というのは
それが自分のやる気につながっているんだよ、ってことなんだろうか。
夢を見て、よかった、嬉しい、っていう事を表現している。




今夜僕はミサイルに 君は星になる
全てのルール ちょっとだけ忘れて


もしかしてこれはちょっとエロい表現なのではないか、
と推測してしまった。


ミサイルと星って。

ルールも忘れるんだ、って。

今夜はパーリナイ、をロマンチックに言うとこういうことかもしれない。



夜の階段を昇る 星座をつくろう
忘れられない 想い出にしよう


夜が更けていく様子を、階段をのぼるという表現に、
その中で行われた目印のような存在としてのイベント、
それを星座としている。

それがふたりだけの思い出になるんだ、ってめっちゃロマンチックな歌ですね。


ブルーハーツファンでもこの歌をそんなに歌ったり思いいれている人はいないと思う。


故にこういうのを好きだったりすると、ブルーハーツファンの深さがわかるかもしれない。

ああ、聴きこんでるなぁと。



聴きこんで味が出てくる一曲です。
posted by 荒井コウスケ at 10:45 | Comment(6) | TRAIN-TRAIN(3rd Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エロい表現で思い出しましたが、ライブでこの曲を歌った時に、ヒロトはミサーイルーミサーイルーの所で自分の股間をなでるしぐさをずっとしてました。
Posted by 40代親父 at 2015年05月18日 13:15
40代親父さん

そうなんですね笑

ということはミサイルはそもそもそれを現してつくってるんですかね〜
ありえなくはないですね。
Posted by 荒井コウスケ at 2015年05月19日 10:45
こんばんは。
この歌は私も完全に飛ばす歌です(笑)
カラオケで歌うことはできますが、歌詞の意味を考えたこともありませんでした。
解説を読んで、そしてテレビで取り上げられたということを知って『なんだー、すごいいい歌だったんだー』と思いました。

ヒロトは意味深なエロい歌たまに書きますね。クロマニヨンズの『とがってる』もちょっとエロく感じてしまう私もエロいのかしら(恥)
Posted by しおまめたろう at 2015年05月20日 02:30
しおまめたろさん

コメントありがとうございます^^

やっぱり飛ばしちゃう曲だんですね笑

ねじめさんもいいところをついてきてますよね。

以外と隠れエロい歌あるかもしれませんね〜
Posted by 荒井コウスケ at 2015年05月21日 09:17
この曲僕も飛ばしてました。でも聞いてみるといい歌ですね。
僕はエロい歌ではないと感じました。ヒロトが股間をライブ中いじることはこの歌に限ったことではなく、あの人は常習犯だからです(笑)。
でも、‘‘今夜僕はミサイルに 君は星になる’’の部分は夜の営みとも取れますね。ただここまでロマンチックに表現されるとエロい感じもしないですね。
Posted by 天国野郎 at 2015年05月23日 21:50
天国野郎さん

たくさんコメントありがとうございます!

ロマンチストですよね〜だとしたら。
エロなんですけどね笑

でもそれをこうやって表現するのがすごい。
Posted by 荒井コウスケ at 2015年05月27日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: