2014年12月08日

ロマンチック(作詞・作曲:甲本ヒロト)



ブルーハーツ結成前から歌われていた歌で、
ヒロトのそのままの言葉がよく出ているラブソング。

言葉がシンプルで、どんな時代にもマッチすることから、
色褪せない曲だ。これこそブルーハーツの真骨頂。

先週の「歩く花」に続き、結婚式でもよく歌われる。

ブルーハーツ結成前の時の音源を持っているが、
CD録音時よりかなりテンポが早く、バラードというよりは
ロックテイストが強い。

出だし

シャラララ・・・


ここはブルーハーツの好きな言葉「シャララ〜」で始まる。
おそらくこれがブルーハーツ史上初の「シャララ〜」である。

この「シャララ〜」は後に「シャララ」「夜の中を」
ハイロウズ「日曜日よりの使者」
クロマニヨンズ「メキシコの星」などあらゆる場面で使われることになる。

気分が高揚するような、ワクワクする感じを表現している。

ちなみに、主旋律がすこしわかりづらい。
なぜなら後半ヒロトはハモリの方のパートに切り替わるからだ。

だからカラオケでそっちを歌ってしまうと音程が外れる(笑)


ああ 苦しめて かわいそう
もう はなさない
ロマンチック


この一節は数行であるが、的確に恋のプロセスを表現していると思う。

苦しめて、っていってる張本人は自分で、自分が苦しめているのに、
それを冷静になり、相手のことがかわいそうだ、と思いやっているところだ。

意図せずとも苦しめてしまった。だからもう、そんなことはしないように、離さない、ってなる。

それがトータルでいうと、「ロマンチック」なんだなぁ、ということだろう。
ヒロトはロマンチストなんだろうな。


こらえた涙の数は 夜空の星でも
ああ かなわない



ここ、さらっと言ってるけど、よく考えたらすごいな。
だって、どれだけ涙をこらえてきたんだ、っていう。

そんなにツライことの多い、生活だったんだな。

ああ 寂しくて たまらない
ああ そんな二人が 会えたんだ

そんな中で、出会えた二人だったんだな。


いくつもの過ちをして 遠回りしたけど
もう 迷わない


傷つけたりして、いろんな過ちをしてしまって、
最短ルートではたどり着けなかったけど、
その分、もう迷いがふっきれた。

いろんな選択肢があって、そんな中でどれがベストかわかんないから、
いろいろ試してみて、あれも違かった、これも違かったってなって、

結局大切なのはこの人だった、だからもう迷うことはない、そんな感じだろう。

ああ 何もかも いとおしい
ああ 抱きしめて やさしくしたい


ここで心情の昇華が観られる。
離さない、迷わない、から「いとおしい」という感情が芽生え
さらに具体的な行動、「やさしくしたい」とまるで
恋の心情の変化を端的に表した表現のようだ。それを意識してやっているのかはわからないが、
ヒロトの詩にはこういった、自然的な昇華がみられる事が多い。
後半において前半を活かして盛り上がるという。

せつない気持ちの分だけ 約束を果たそう
ああ ときめいて


そして最後の盛り上がりは、「やさしくしたい」から、
「約束を果たす」にまでなる。

愛の究極形は「約束」なのかも。このうたの中でうたわれているのは。

そして「こらえた涙の数」と「切ない気持ちの分」はニアリーイコールであって、
表現をヒロトなりに変えたものなんじゃないか、とも思う。

つまり、夜空の星を超えるほどの約束も果たすんだ、というような
スケールのでかい感じを出している。

後のハイロウズの名曲・「千年メダル」では、
1000年じゃ足りない、って言うし、ヒロトはスケールがでかいなぁ。




posted by 荒井コウスケ at 07:00 | Comment(4) | YOUNG AND PRETTY(2th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正に何の捻りもないストレートなラブソング。
もう、最初の「シャララ…」を聴くだけでグッ
と来ますよね。コウスケさんが書かれている事と
被るのだと思いますが、歌詞がとても不器用で、
でも深い。そこが流石ヒロトで、ブルーハーツ
ですね。
Posted by 小太郎 at 2014年12月08日 08:42
初めまして
なんか真夜中に、ヴァージニア・ウルフのメロウのボタンってなんだったかね?
なんてふと気になって、たどり着きました(笑)
ブルーハーツ懐かしいですよね
たまに無性に聴きたくなります

更新楽しみにしてますね^_^
Posted by なつい at 2014年12月11日 03:39
小太郎さん

シャラララ〜で一気に、心が「ブルーハーツだ!」ってなりますね。

あんまりかっこいい感じのことを言えないけど、素直に表現してる、って感じで好きですね〜
これぞブルーハーツ。



なついさん

はじめまして。
コメントありがとうございます!
懐かしい、ということはリアルタイムできかれてたんですね(^^)
私は解散してから聴き始めたので、いろいろ教えて下さい(*^_^*)
がんばって全曲解説します〜
Posted by 荒井コウスケ at 2014年12月12日 09:32
こんにちは。

『ロマンチック』はほんとにストレートでかわいい、何にも隠し事がないバラードですね。
ヒロトの書く詞はストレートで力強いですが、これは恋愛ベタ?なヒロトの正直な感じが出ていてカワイイ歌だと思います。

出だしの『苦しめてかわいそう』の部分、私も『えっ?苦しめたのはお前ちゃうんかいっ』って思いました(笑)

後半でその内容を匂わすような詞が出てきますね。とっても若い二人の不器用な恋愛の歌だと思います。
Posted by しおまめたろう at 2014年12月15日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png