2013年12月16日

リンダリンダ(作詞・作曲:甲本ヒロト)




紹介する一曲目は言わずとしれた名曲「リンダリンダ」です。

今でも大好き。ずっと聴き続けたい、本当のことを歌った、自分の中で最高の一曲。

出だし

ドブネズミみたいに 美しくなりたい 写真には映らない 美しさがあるから


これはブルーハーツを象徴する一節として今でも語り継がれている。

そして、最大にこの一節に共感した。何よりも、まずはここに共感した。
今でも、テーマはこれ。そしてずっとこれを考えて生きていくと思う。

そのくらい、人生に影響を与えてくれた。同じようにここにすごい共感を覚えたという人が世の中にたくさんいる。多くの人の生活を、この一節だけで変えてしまったブルーハーツはスゴイ。
ありがとう。

キャイーンのウド鈴木も、番組「リンカーン」の中で、俺の一曲というコーナーでこれを取り上げていた。

リンダリンダのサビの部分が取り上げられることが多いが、ここにこそ注目して、噛み締めてこの曲を聴いて欲しい。まあそもそも、この部分にひたすら何も感じないなら、ちょっとブルーハーツは合わないかも。

この一節から、ドハマりした。ずっと聴いた。何かあるたびに、僕はきいた。

ドブネズミみたいに 誰よりもやさしい ドブネズミみたいに何よりもあたたかく


そうなれているかわからないけど、そうなりたいと常に思う。

強いとか、かっこいいとか目指すことはいろいろあるけど、
目指す最終形態は、これじゃないかな。

さらにヒロトがこの曲の中で語りかけてくるように、この一節が渋い。

もしも僕がいつか君と出会い話し合うなら そんなときはどうか 愛の意味を知って下さい



夏木マリも、この曲をカバーしていたが、この部分が大勢のお客さんの前で歌うのにふさわしいと思ったとインタビューで語っていた。

当時の僕は、この詩を書ける人って、間違いないな、と漠然と思ったりして、一気に好きになった。本当にいい歌だ。
解説とかいいながら、いい歌だ、としか言えない時があるけど、そうだから仕方がない。

作った本人も、自分でも未だにわかんないらしい。リンダリンダが。でも、そう思ったんだって。
それって、よくわからないようで、僕はすごくわかる。
なんて言ったらいいのかわからないけど、そう思ったからそう言う、って瞬間がある。それが今回のことで、それは心の言葉と思う。

もっと本当は、大事な何かを歌っている歌だ。リンダリンダのノリが注目されているけど、詩を、こめられた想いを感じて欲しい、そんな歌です。

きっと100年後も残っている。語り継がれるべき名曲。

動画でも解説の補足をしています↓


■この記事をお読み頂いた方は↓のバナーのそれぞれクリックして頂けると嬉しいです。
ランキング参加中です☆★運営継続のため、ご協力お願いいたします!
1日1回ポイントがカウントされます♪


にほんブログ村
posted by 荒井コウスケ at 23:55 | Comment(15) | TrackBack(0) | THE BLUE HEARTS(1st Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小学生の頃からブルーハーツは好きです 解説がんばってくださいね^^
Posted by at 2013年12月17日 14:32
初コメント!!感激です(*^_^*)がんばって全曲目指します!!何か共感とかありましたら教えてくださいね(*^_^*)
Posted by 荒井コウスケ at 2013年12月18日 11:07
続けて失礼します。こちらが先だったんですね。

以前ヒロトが「ドブネズミの美しさをわからない人間に大したヤツはいない」的なことを語った様ですが、実は私はその美しさを理解できないでいる一人です。

ただ、それこそ漠然とこのうたが訴えかけてくるなにかに震える想いはあります。
ヒロトが作るうたって、なにってはっきり言えないけど心に直接響く歌が多いようなきがします。
Posted by しおまめたろう始めまして。クロマニヨンズのコミュからきました。しおまめたろうです。 青空、私も大好きです。 もちろん『生まれた所や……』の部分も良いですが、私が一番ガツンときたのは上にもありました ♪こんなはずじゃなかっただろう 歴史が僕を問い詰める まぶしいほど青い空の真下で の部分です。いつもこの部分で胸がきゅ〜っとなります。先人たちが未来に託したものを、私たちはちゃんと受け止められているのか? うまく言えませんが、そのモヤモヤした気持ちと、まぶしいほどの青空との対比がたまりません。 at 2013年12月28日 02:10
僕も、ドブネズミの美しさ、考えたりしましたけど、わかったつもりになってわからないだけかもしれませんが、少なくとも感じることはできました。
でも、ヒロトもこの歌をつくった時に、意味はわからなかったけど、ただそう思ったっていってましたから、そう感じたならそれはその人にとっては正しいんだと思います。

ずっとやっていきますので、またコメントおね外します!!(^-^)
Posted by 荒井コウスケ at 2013年12月30日 11:53
カラオケで、ただノリがいいからという理由だけでこの曲を選ばれるととてもイラッとします。

この曲はそんな軽い曲じゃない!と怒鳴りたくなります。

ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には写らない美しさがあるから

こんな言葉を生み出せるのは世界でもヒロトだけだと思っています。

ブルーハーツって正当に評価されてないよなぁ、とリンダリンダを聴く度に思います。

うっすらと感じておられるかと思いますが、僕はちょっとめんどくさい部類のファンです(汗)

ブルーハーツの事になると冷静さがなくなってしまいます。
Posted by ムンドノーボ at 2014年01月25日 23:50
ムンドノーボさん

ありがとうございます!
みんな、この曲にもっとビビるべきですよね。どれだけすごいか。ノリだけで判断している人は本当にもったいないですね。

この一文で、僕はやられました。そうだよな!!って。

めんどくさくないですよ。もっと感情出していくのが最高です。抑えても面白く無いですから。今後もよろしくお願いします!
Posted by 荒井コウスケ at 2014年01月26日 16:39
私は今、23歳ですがブルーハーツ大好きです。昔見た『人にやさしく』ってドラマをきっかけにブルーハーツを知りました。ドラマの主題歌は「夢」でした。そのあと、すぐにブックオフでブルーハーツのベスト盤を買いました。高校生の時です。

私の高校時代っていい思い出がほとんどなくて、毎日だるいしつまんなかった。当時、僕の部屋にはテレビもパソコンもなくて、夜寝る前にブルーハーツのCDを聴いいていたことが一番思い出に残っています。

ブルーハーツを聴いていると、時々、もうあの頃にはもどれないだなぁって思ってしまいます。ブルーハーツの曲には滲み出る「哀愁」みたいなものがあると思ってます。

貴方の書く解説を楽しみにしています。
Posted by はし at 2014年04月02日 00:38
はしさん

世代近いですね^^嬉しいです。
僕も、高校時代とかわけわかんなくて、とりあえずブルーハーツ聞いとこう、っていうのがありました。

今でもCDプレイヤーを見ると思い出します。あとはMDでした。僕の時代は。


哀愁というのはわかります。いろんな面がありますよね。熱、哀愁、ロマン、希望、など。ビートたけしが、おもちゃ箱のようなバンドだっていってたけど、なんかわかる。

ありがとうざいます!そう言っていただけるとやる気が出ます。頑張って更新するので見ていてくださいね♪
Posted by 荒井コウスケ at 2014年04月06日 01:12
こんばんは(^_^)。このブログが密かに好きで、更新を楽しみにしています。

個人的な解釈ですが、私は「ドブネズミ=ブルーカラーの労働者」と受け取っています。
理由は元夫が数年前まで、市のリサイクルプラザで青い制服を着て、塵の分別に従事していて、当事ヒロトの洗礼を受けたばかりだった私は、ある日、汗だく状態で帰宅した夫に冒頭の歌詞が過ったのでした。

バブル全盛の頃から世間では、労働者がホワイトとブルーに二極化され、ホワイトカラーが常々脚光を浴び続けているみたいですが、脚光とは無縁な、人が嫌がる仕事に従事するブルーカラーがいるから、実は世の中は回っている。部屋で独り、この歌詞を読み、改めて認識する次第です。
Posted by 麻友 at 2014年05月09日 01:38
麻友さん

コメントありがとうございます!!楽しみにしていてもらえると言ってもらえると超やる気出ます!

その解釈はとてもしっくりきますね。縁のしたの力持ちがいるから、世の中はまわるという。それが美しさだっていうヒロトの言葉ですね。

バブルの経験がないのでわからないのでうsが、そういった二極化をリアルに体験した方にとっては共感する部分がありそうですね。リンダリンダはいろいろな場面で解釈ができそうな、本当に名曲ですね。

またコメントください!!


Posted by 荒井コウスケ at 2014年05月11日 19:58
こんにちは!

自分なりのリンダリンダについてです。

ドブネズミの美しさは生命そのものの美しさ。
写真に写る見てくれなんかじゃなく、
今一瞬を生きる精一杯の美しさ。
見てくれは年老えば崩れて行く。
だけど一生懸命にい生きるカッコ良さは色褪せない。
髪の毛の色だとか、目の色だとか、
肩書きだとか、病気だとか、
そんなものに拘るなんて下らない。
君はありのままの君でもとっても素敵なんだよ。
そう言ってくれてる気がする。

だからリンダリンダが好きです。
Posted by ブルーハーツは終わらない at 2014年10月18日 18:43
ブルーハーツは終わらないさん

コメントありがとうございます!
今一瞬を精一杯生きることの美しさ、いいですね!!
なるほど、とても共感しました。
そういう捉え方もできるなぁと。

ヒロトがドブネズミの美しさがわからないやつは大したことない、っていってた意味を少しだけ僕もわかってきました。

Posted by 荒井コウスケ at 2014年10月19日 10:55
僕はブルーハーツのテーマは再奮起、リスタートだと思っています。
有名なエピソードですが、ブルーハーツの会議をしようという時にヒロトがアニメを見ていて、マーシーが怒ってテレビを放り投げてしまい、ヒロトがマーシーに仲直りするために作った曲なんですよね。

ドブネズミみたいに美しくなりたい

ヒロトの若き日の苦悩と再奮起の決意が表れているように感じて、そこに自分含め多くの若者がくすぐられるんだと思います。
カラオケでノリがいいから選ばれてることにむかつくというのは、僕もすごく分かります。
と同時に多くの人の人生観を覆すほどの文学的な詞を、こんなにキャッチーな曲に仕上げてしまう凄さをヒロトとマーシーにいつも感じます。



Posted by 天国野郎 at 2015年01月22日 00:45
天国野郎さん

コメントありがとうございます!

そのエピソードも素敵ですよね!
ヒロトらしいっていうか。
マーシーはある種ヒロトの良きプロデューサーだったんじゃないかとも思います。

彼らは、こんなすごいことを簡単そうに見せてサラッとやっちゃうところですよね。
Posted by 荒井コウスケ at 2015年01月27日 13:43
リンダリンダをいま聴いていて、ふと感じたんですが、ロックンロールの歌だったんだって思いました。今まで初恋の歌として捉えてました。



ドブネズミはロックンローラーであり、リンダリンダはロックンロールの化身に話しかけるときの魔法のことば。その化身にもし出会うことが出来て、話ができたら僕がどれだけ愛しているのか知ってほしい。いやそれが愛なのか恋なのか、僕もはっきり分からない。でもこれだけは言える。これからずっと絶対きみ(ロックンロール)を離さない。何故か分からないけど、僕の中に確かに一つだけ感じる、きみを感じると誰にも負けないって思わせてくれる無敵の強い力が湧き出てくるからなんだ。



以上がいま聴いて感じた解釈です。高校生から聴き始めて16年くらい経ちましたが、WきみWは人じゃなくてロックンロールなのか?って思ってしまいました。そう思って聴くと、この曲はロックンロールに対して、これからロックンローラーとして生きていくと宣言した決意の曲にも聴こえてきました。
Posted by RKO at 2017年07月20日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック