2019年03月25日

第6回ブルーハーツな人たち「イチロー(シアトル・マリナーズ)」さん

今回のブルーハーツ な人たちは引退を発表したシアトル・マリナーズ「イチロー」選手です。





まず、正真正銘、日本人野球選手では、最高の成果をあげ、
前人未到の10年連続の200本安打、生涯平均打率も大きく更新されたことなど、
語りつくせないほどの実績にを出されたことと、そこに取り組む姿勢から勇気をいただいたことに
深く感謝します。


それはブルーハーツの歌を聴くように、
「イチローのメッセージ」という本を読んで、何度も踏ん張れたことを思い出します。





私の少年時代に、プロ野球は身近にありまして、特にパワフルプロ野球というゲームにハマり、
そこから中継を毎日見るようになり、また、選手の成績を見るのが好きになりました。



打率、ホームラン、打点、盗塁数、長打率、得点圏打率、捕殺率、など、挙げればもっとありますが
それぞれの選手のデータを見ては、パワプロの能力に置き換えて想像するのになぜか興奮していました。


ホームランが例えば年間27本という成績であれば、パワーギリギリA(140)で、パワーヒッターはつかないかな、など。
(やったことのない人にはわからない話で申し訳ありませんが)


イチロー選手も、私を興奮させてくれる選手の一人であり、「振り子打法」を真似したり、
その姿を印刷された下敷きを使ったりしていました。

WBC決勝、日本対韓国で、延長戦となった10回の表に決勝タイムリーを打つ場面は、今見返しても鳥肌が立ちます。





これだけ多くの感動を与えてきたイチロー選手の活躍の裏に、
「ブルーハーツ」の音楽が含まれていたようです。


まず、この本を読んでいたら、ブルーハーツのことが出てきて驚きました。





「未来は僕らの手の中」を、大事な局面に聴いたりするそうです。


このような記述も発見しました。


2005年の1月号「number」のインタビュー記事の中にも、以下の記述が。

https://number.bunshun.jp/articles/-/495

去年はね、もう「ザ・ブルーハーツ」ばっか(笑)。
やっぱり去年はそういう心境だったというのもあるかもね。
ブルーハーツは昔から大好きで、いつも車には積んでるんだけど、
去年のあの時期には自分の中にも特別にいろいろダブる想いがあって、
そればっかり聞いてたんですよ。
ブルーハーツを聴いてると妙に元気になってしまうんですよね。
好きな曲はいろいろありますけど、あの頃よく聴いてたのは、なんだったっけなぁ。
ほら、“僕らは負けるために生まれてきたわけじゃないよ”“泣くために生まれたわけじゃないよ”とか、
そういう歌詞の曲あるじゃないですか。なんて曲だったかなぁ。




ブルーハーツとイチロー。



どうでしょう、そこに眠っている熱量はすごく近いものを感じます。




イチローは野球に、ブルーハーツはロックに魂を捧げた。

宿ったものが共鳴しているのかもしれません。

「妙に元気になってしまう」っていう記述から、やっぱり内面との格闘の中で必要とされたのが
ブルーハーツだったんじゃないかと。

それは多くの人がそうであるように、イチローもその一人だったと。

後半の方の記述で、未来は僕らの手の中の曲名を思い出せないあたり、
おそらく、私の想像ですが、アルバムを車の中でひたすら再生していたから、どれがどの曲で、というよりは
アルバムで流して聞いていたんじゃないかと思いました。

私も、ブルーハーツは流石に全ての曲を覚えていますが、他のアーティストでよくそのような現象が起きます。

好きな曲はいろいろある、ということなので、メディア関係者は
是非何かのタイミングでイチローさんに聞いて欲しいな、と思います。

イチローさんの感性を読み解けるヒントにもなるはずです。



その他にも、こちらソースが不明なのですが、確実に当時は記事になっていたので、
もしご存知の方がいれば教えて欲しいのですが、
どこかの新聞地方紙に、「少年の詩」の歌詞をイチローが引用して、

「大人たちに褒められるようなバカにはなりたくない」

という言葉を胸に刻んでいる、というようなものがありました。
検索しても、出てこないのですが、たくさんの記事になっていたのを覚えています。


その他にも、新聞では以下の記述を発見しました。

(2006年9月18日付京都新聞より)
めげそうになる自分へのカンフル剤として聴くロックバンドがある。「ザ・ブルーハーツ」。3月、WBCの2次リーグで絶体絶命に追い込まれた直後にさえ”封印”していたCDを、約1ヶ月前に取り出している。200安打を積み重ねるほど「むしろ自分の弱さしか見えてこない」と、イチローは認めた。重圧をはねのけるほど、人間くさくなっていく。(カンザスシティー共同)



今でもブルーハーツを聴いているのかは不明ですが、
きつい時期ほどブルーハーツの残した作品が、奏功する薬の役目を果たすのかもしれない、
と今回のイチローさんの記事を調べることで思い返しました。



私もその一人でしたが、これは多くの人にも当てはまるのかもしれない。

流行り廃りのある音楽の中で、ブルーハーツは、特に、残り続ける音楽だと思っています。


だからこういうブログもやっているわけですが。

シンプルで、独特の味がある。これ、あんまりないんですよ。

最近、また、ブルーハーツを聴くと、捉え方が変わったりするんですね。

ヒロトがめちゃくちゃ全部さらけ出して歌ってるのを見たり、声を聴いたりすると、

「ああ、全部出しちゃってんな」って思ったり、音を再生しているだけなんけど、
「誰かがそこにいるな」って、思ったりするんですね。



「熱」を感じるんです。ブルーハーツは。



これこそ、表現であり、歌の醍醐味なんだな、って。

理論はわからないですが、ブルーハーツは、確かに誰かのそばにいる。



そんなことがわかったイチローさんとブルーハーツの関係でした。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(0) | ブルーハーツな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png