2016年01月31日

宝もの(作詞・作曲:河口純之助)



↑メドレーです。

最近、週1更新がとぎれておりました。楽しみにしていただいた方は申し訳ございません。

しかし、実はもう振り返ってみるとほとんどの曲を解説している状況です。

残っているのは「トバゴの夢」「幸福の生産者」「GoodFriends」「ありがとさん」「花になったかまきり」「真夜中のテレフォン」「ドラマーズセッション」
です。ヒロト、マーシーの曲はすべて解説し終わりました。
残りは河ちゃんの曲、そして梶くんの曲だけとなります。

ほとんど聴かない曲しかないので、この機会にきいてみて、ブルーハーツの違った側面を発見できたらいいなと思います。

あとは、それが終わったら未発表曲の中で順に解説していきます。
とりあえず楽しいのでハイロウズもやろうかなと考え中です。

今回は宝もの。

河ちゃんの歌はほとんど聞かないので改めてきいてみると、
やはりあまり響かなかった(笑)

というか、そう考えるとボーカルって本当に大事なんだな、と。
ヒロトのボーカルがすごい、というのがあらためてわかる。

全部ヒロトが歌えばいいのに(笑)
そしたら聞ける。

とまあ個人的な意見はおいておいて、歌詞にふれてみると

この広い宇宙の中で
君と僕はそばにいる
不思議な気はしないよ
きっと前に約束してたんだ

やわらかい君の声は
胸の中でとけている
まぎれこむ疑惑も嘘も
僕らのドアに入れやしないんだ


毎回、河ちゃんのうたに思うことは
「ふわっとしてるな」だ。

もしかしたら、そもそも伝えたいこととかイメージっていうことがふわっとしていて、
それを表現しているからかもしれない。
河ちゃんの性格も見ててふわっとしてるし、
河ちゃん周りがふわっふわ。


明日へと続く道 歩いてゆきたいな
明日へと続くもの つくってゆきたいな
君と僕の宝物


これも、なんかスッカスカ感がある(笑)
なんか、意志が感じられないんだな。
でもそれが河ちゃんのいいところかもしれない。
これ、ヒロトが歌ってたらそうは思わないかもしれないという、
ただのヒロトびいきかもしれません、すみません。

「歩いてゆきたい」とかいや勝手に歩けし!、とか思ってしまう(笑)

それからこの「君と僕のたからもの」というフレーズ、どっかできいたなぁ〜と思ったら
銀杏BOYZの「なんとなく僕たちは幸せになるんだ」だった。↓最後の曲です。




このフレーズは銀杏のほうが強い。

峯田はブルーハーツ大好きだから、もしかしたら知らず知らずにインスパイアされているかも。


幸福は隠していくことなどないんだね
夢の奥をのぞいてたらまた夢がでてきたよ


その頃の河ちゃんがどれくらい宗教へ傾倒していたかは知らないが、
どうしてもこの「幸福」という言葉が宗教を感じさせてしまう。

そのつもりはないのかもしれないですが、そう思われてももはやしかたなしといった曲です。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(5) | DUG OUT(7th Album) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

平成のブルース(作詞・作曲:真島昌利)

(メドレーなので注意。最後が平成のブルースです)




マーシーの中でも最も反骨精神あふれる曲ではないだろうか。
この曲からは1980年代の、日本の若者が自らの身体で日本や周りを変えようとしていた、
泥臭くも真っ直ぐな気持ちが感じられる。


今のようにインターネットが発達していない、自分の声や言葉で表現して、ちょっとづつ
周りを変えていくしか無い中での戦いが感じられる。


よくわからないけど、この曲は「茶色」のイメージがする。

マーシーは静かにみえるけども、心のなかはめちゃめちゃ熱い気持ちをもっているんだな、
というのがわかる一曲。

出だし。


いつまでたってもおんなじことばかり
いつまでたってもなんにもかわらねえ
いつまでたってもイライラするばかり


「退屈な日常」のことなのだろう。
刺激がほしくてほしくてたまらない、若者の。
ブルーハーツの世間への意識、世界への意識は、最初は反抗であったことが
この曲からもわかるし、他の曲へもそれがこぼれている。

ブルーハーツのファーストアルバム「僕達をしばりつけて 一人ぼっちにさせようとした
すべての大人に感謝します」

がそれを表している。


お前がそんなに愛を語るから
そんなに立派に愛を語るから
オレの心は窒息するだろう

そんな中で純粋なことを真っ直ぐに語る人を見た時に、
自分では言えなかった言葉を聞いた時に、衝撃を受けざるを得ない
主人公の気持ちはこのようなものだろう。
愛を語ることに、窒息するというのはそれだけこの主人公も純粋で
愛のことを考えていたからだろう。




嘘をつかなけりゃやってられねえぜ
いいわけしなけりゃやってられねえぜ
バカのふりしなきゃやってられねえぜ


この歌詞からは、本当に様々なことをまじめに考えていた青年が感じ取れる。
いろんなことを適当にスルーできなかったんだろう。
最終的にこのように青年は大人になっていく。
小さな言葉も、嘘。真面目に考えていても、周りからは笑われたりして、
バカのふりしてるのがいいんだ、と言われているような気持ちになったり。

純粋だった心が折れた時にこのような心理状態になると思われる。


長渕剛の「キャプテンオブザシップ」に

あんな大人になんかなりたかねえと誰もがあのころ噛みしめていたくせに

という歌詞があるが、この主人公は「あんな大人」になりかけている青年かもしれない。



ヒーロー目指せとお前がいうから
ヒーロー目指せとみんながいうから
ヒーロ目指せば嫌われちまった




これは、なんとなくでわかる。
ヒーロー=自分の信念を曲げずにつきすすむ、
と定義した場合、そういう人は
世の中の常識から反する形になることがあり、
それで煙たがられることがある。

そこのギャップに戸惑っていることではないか。


やな野郎だなとお前がいうから
やな野郎だなとみんながいうから
いい人ぶったらみんなにほめられた


また、その結果いろんなところで信念をまげたり、
細かいことをスルーするふりをしていたら、
みんながほめてくれた、という皮肉だろう。

「適当にごますっときゃいいんだろ」という真面目だった青年の
気持ち。



駄文をつらねていい商売だな?
お前には何も見えちゃいないだろ?
ディランのミスタージョーンズそのもの


これはボブ・ディランの1965年のアルバム『HIGHWAY&! REVISITED』に収録されている“Ballad Of a Thin Man”
(邦題「やせっぽちのバラード」)で歌われている人物で、
「ここで何かが起こりつつあるが、でもお前はまったく何が何だか理解できない」というように、世間や社会に背を
向けながら生きる人間の象徴として‘Mr.Jones’が登場し、その錯乱・混沌・絶望に満ちた日常をシュールな詞と共に
描写している。

で、ここでこういうことを言っているのは、マーシーの趣向を考えると、
「ミスタージョーンズそのもの」ということを、言いたかっただけのように思える。

それはビートルズが大好きなマーシーだからで、
ビートルズも同じように「ヤー・ブルース」という曲の中で、

「I feel so suicidal(自殺したい気持ちになるよ)
Just like Dylan's Mr. Jones
(ボブ・ディランの歌に出てくるミスター・ジョーンズの様に)」
と歌っているので、ビートルズっぽくしたかったのかな、
と個人的には思う。



被害者面して何言ってやがる
善人面して何言ってやがる
痛い目に遭わなきゃわからねえのか?


ここにも世間への怒りが存分に込められている。
自分だけが被害者のように振る舞うこと、自分だけが善人であるかのように振る舞うこと、
まずは鏡をみてみろ、と言いたいのだろう。



名誉白人がいいきになってら
なんて恥ずかしい人たちなんだろう


名誉白人とは?
(アパルトヘイト下の南アフリカにおける、日本人などの扱いを意味する語。
当時の南アフリカでは、白人を最上位とした制度が敷かれており、
黄色人種を含む有色人種は総じて差別対象となったが、
日本が南アフリカの貿易相手国として重要な位置にあったことから、制度上の措置として、日本人などが白人と同等の民族と見なされた。)


つまりは日本人から、日本人のスタンスを批判した曲である。

ただ貿易相手国というビジネス上のメリットだけで優遇されているのに、自分たちは黒人より上であるかのような
態度をとるような風潮に、そうじゃないだろ?と突きつけている。

これはマーシー作の青空で
「生まれたところや皮膚や眼の色で一体この僕の何がわかるというのだろう」
「こんなはずじゃなかっただろ? 歴史が僕を問い詰める」


という風に、よりソフトに表現されているものと同等のものだろう。



お金があったら社長もこわくねえ
お金があったらサセンもこわくねえ
お金があったら首もこわくねえ

お金があったら差別もこわくねえ
お金があったら地上げもこわくねえ
みんながお金の言うこと聞くから


最後の「みんながお金のいうこときくから」にすべてが現れているだろう。
先ほどの名誉白人もその一つ。



強行警察問答無用さ
強行警察いつでもそうだろう
問答無用で君たちは首だ



これは、警察だけにとどまらず国の体制の恐ろしさを説いているのだと思う。
強行警察と表現しているのは、これも人種差別のことじゃないか。

黒人に対して、強行突破し警察という正義の名のもとに公然と殺人が行われる。
白人の警察が、黒人に対して許されるという国の体制自体に、何かがおかしいんじゃないか、
と言っている。

問答無用で君たちは首だ、はマーシーの心の声だろう。


中流意識をまだ気取るつもり
3%で見えも吹っ飛ぶさ



これは昭和の最後に消費税法が成立し、年号が昭和から平成になった瞬間に、
3%の消費税がつくようになった当時の状況を表している。

中流意識は、自分が「下流ではない」という背伸びの気持ちであり、
その見えを張った意識が、たった3%の消費税によって、
下流だと認めざるを得ない状況になるんだよ、と示唆している。
これは現在の10%導入についても言えるかもしれない。


オレにはコミック雑誌なんていらねえ



この言葉は1986年に発表された内田裕也主演の
「コミック雑誌なんかいらない!」を意識しているだろう。




そしてその裏には、この世界時代がギャグみたいなものだから、コミックにしておもしろおかしくする必要なんか、ないよ、
という、またこちらも皮肉が込められているだろう。

頭脳警察というバンドも同タイトルにて曲を発表している。





ロックンロールスターになりてえな
ブルーハーツの真似すりゃいいんだろ


そして最後に決め台詞をもってくるあたりがやはりマーシーらしい。

ロックンロールスターの代表といえば、ブルーハーツだろ、と世界に対して
怒りに満ちたような言い方で歌詞にしたんだろう。

これを歌詞にすることで何を言われようと「信じた道をいく」という覚悟が感じられる。


この曲の解説、かなりいろいろ調べました(笑)


posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(5) | その他シングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする