E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png

2017年10月05日

第1回ブルーハーツな人たち「中居正広(SMAP)」さん


誰もがその名を知る国民的アイドルSMAPのリーダー
「中居正広」さん。


アイドルと言うよりも、お笑いのセンスもあって話も面白いし、
バラエティの司会もこなしたり、マルチタレントとしての印象が強い。


SMAPはもう解散してしまいましたが、、、

中居くんはその人望とお笑いセンスできっとどこでも生きて行けることでしょう。

そんな中居くんが、ブルーハーツを好きだという。

いろいろな証言があるので、ここに掲載したい。

中居
ちょっと待てよ.ここからが本番だぜ.俺,今日ね,マジで歌うから.
剛(kinkikids)
それはマジで歌って下さい.
光一(kinkikids)
またね,選曲が.
中居
そう,ブルーハーツのね,「チェインギャング」っていう歌なんですよ.これはマーシーが歌ってる歌なんですけど.この歌,すごく.中学校ぐらいかな.いろんな派がいてね.BOOWY派だとか誰々派とかいろいろあったんだけど,僕はブルーハーツ派でこの歌がすごい好きで.
光一
声は合ってますよね,中居君.
中居
そうか?

合ってると思いますけどね.
中居
俺,このままで歌うからね.もう勢いで行くしかないからね.(LOVE LOVE あいしてるより)





中居くんの中でも、この「チェインギャング」は特別な歌なんだと思う。
特に、歌詞が中居くんを表しているような気がして、そこで自分と重ね合わせているように映る。

「仮面をつけて生きるのは息苦しくてしょうがない どこでもいつも誰とでも 笑顔でなんかいられない」

中居くんは、極度の「気ぃつかいい」だと思う。司会してる姿とか見てても、凄まじいレベルで上から
場を捉えて、自分が今どのポジションで話せばいいのか、とかこんなことを言うとこう捉えかねられないから、
別の言い方を探そう、とか相当考えているのがわかる。

だから、多分日々、疲れてると思う。そこで、こういう本音を言ってくれるようなブルーハーツが必要な時があるのかもしれない。
中居正広として生きている、というより、アイドルの中居くん、をやっている、って感じだ。
でもそれがとても高度に設計されているものであるから、ニーズがある。だからより多くの人が求める。

さらに仕事が増える。中居くんは中居くんでいることを求められ続ける。

こういう循環だ。

ちなみに、中居くんがチェインギャングを歌うたび、このブログのアクセス数が急増する(笑)

初めて聞いた人は、中居くんが歌っていたあの歌は一体なんなんだ?ってなって検索するんだと思う。
中居くんの影響力はすごいなあ。

他にも、ラジオや自身の番組の中で、度々ブルーハーツに言及している場面があった。


え〜、最後。5曲目行きます。ブルーハーツ、「青空」。


青空 (by ブルーハーツ)

(CM)

さて、この番組では、あなたからのお便り、お待ちしております。おハガキの、宛先は、郵便番号100の8439、ニッポン放送、中居正広の、サムガールSMAPで〜す。

「青空」、いいですねぇ〜。やっぱり。う〜ん、ブルーハーツ、好きだねぇ〜。これな〜んで好きかって言うと多分ん、でもやっぱ中学とか高校ん時にぃ、死ぬほど聴いてた歌とかあるでしょ? 

あの、歌ってねぇ、一時期ぃ、死ぬほど聴く曲、ってあるじゃないですか。そういうのねぇ、たま〜に作った方がいいですよ。みんなも。死ぬほどって言うとねぇ、ほんと、死ぬほど。それ、ばっかり!聴くの。(
スマタイム
より)



「ブルーハーツ派?ハイローズ派?」
まあブルーハーツっていうかこれは難しいね。ブルーハーツかな〜。
ちゅうか、ハイローズもブルーハーツも一緒だからな〜、俺ん中では。名前が代わってるだけだで〜。活動休止すんだよね〜、ハイローズは。まあブルーハーツ好きかな。(中居くんと一緒より)


ちょっとブルーハーツ、なんか久しぶりに聴いてみようかなぁ〜? ほら、なんだっけ? すっげぇ好きな歌を、すっげぇ聴いちゃうからさぁ。ちょっと1回ねぇ、もう離れちゃうのよ。で、暫く離れてっからぁ。1年ぐらい多分俺、あの〜、ブルーハーツ聴いてないからぁ。ちょっとぉ、あの車ん中入れてみよう。(スマタイムより)



SMAPの中居正広(44)が5日深夜に放送された日本テレビ系のバラエティー「ナカイの窓」(水曜、後11・59)に出演し、カラオケの十八番がブルーハーツであることを暴露された。(デイリースポーツより)


中居くんがブルーハーツを好きだというのは、あまり違和感がない。
とても、「ブルーハーツ的」であると思う。

ブルーハーツを好む人はどこか、「楽しもう」としてる感がある。
かっこよく見られる、というより、楽しく生きていく、というのをとても大切にしている感じがある。

どこまで本質を捉えてるかはわかりませんが、SMAPの中でも特にその要素が強いと思う。


そんな中居くんはヒロトさんに会ったことはあるのだろう?

調べていると、それを確認する記述を発見した。


19日夜に放送されたニッポン放送系の人気ラジオ番組『中居正広のSome girl' SMAP』で、SMAPの中居正広が「自分のお宝」についてコメント。 
その意外な内容が「泣ける」と視聴者の間で話題となっている。 

この日のオープニングトークの中で「お宝」の話となると中居は、「そうでもないよ。野球選手からバットもらったとかはありますけど。 
そうでもない。写真だなー、俺」と、高価な美術品などは持っていないものの、「写真が宝物」であると紹介。 

「飾ってる写真はね、マイケルと一緒に撮った写真と、イチロー選手と松井選手に挟まれた写真と、 
あと、タモさん、さんまさん、瓶さん、たけしさんのファイブショット」 
「それと、ちょっと裏の方にね、俺と松本さんと、ハイロウズの甲本ヒロトの3ショットの写真があるんです」 
と各界の大物スターたちと撮った秘蔵写真があることを告白。 

そうした上で「...あとパパの写真がちょっとね、飾ってあるわ。ちっちゃいの。パパの写真。ホントにね、プリクラみたいにちっちゃいの、飾ってるわ」と、 
そうした大物たちとの写真に並ぶ形で、今年2月に他界した父・正志さんの写真を飾っていることを告白。 

そのため、これを聴いたリスナーからは「写真が宝物っていうのが中居くんらしいな」 
「パパの写真について話してるときの感じが泣けすぎて困る」「ダメや...ウルっときてもうたやないか」 
「中居くんめっちゃええ人やな...」といった声が相次いだ。(Live door newsより)


ここに書いてる、松本さんというのは、ダウンタウンの松本人志さんのことで、
二人が仲が良く、一度、「伝説の教師」というドラマでも共演している。

なんと、その松本さんもブルーハーツから相当な影響を受けているというから驚きだ。
「ブルーハーツ的」な共通の価値観が二人に備わっていて、なんとなく合うんだろう。

そして、そのドラマのオープニング曲も、ブルーハーツ後、ヒロトとマーシーが組むバンド
THE HIGH-LOWSの「青春」がつかわれている。

この二人が主演というのもあって、曲のチョイスに二人が関わっているとしか思えない。




また、中居くんではないが、香取慎吾さんの方も関わっているのが一部ある。

それが「人にやさしく」というドラマである。

主題歌には、人にやさしくではなく、夢がつかわれている。




その他、SMAPとしてブルーハーツをカバーしたことも何度かあった。

終わらない歌⬇︎(香取慎吾のボーカルがかなりハマってる)


031117 SMAP_終わらない歌 (THE BLUE HEARTS 1987) from kaederock on Vimeo.



天国うまれ(ブルーハーツではなく、甲本ヒロトとしてのソロのカバー)



そして、SMAPではなく、UTAGEという中居くんが司会を務める番組のエンディングソングとして
「 TRAIN-TRAIN」がチョイスされたことがあった。

この時、梅沢富美男と前川清が中居くんの謎の音程に皆つられて歌えなくなる、
というのがあって、それが見ものである(笑)


UTAGE みんなでトレイントレイン(中居の音程にみんなつられる)



以上、ブルーハーツな人たち第1回目でした。
こんな感じで、様々な業界のブルーハーツに関わる人たち、を調べていきます。
posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(0) | ブルーハーツな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

新企画「ブルーハーツな人たち」

未発表曲も含め、すべての解説が終了しました。
お付き合いいただいた皆様、ありがとうございます。

私の中で、「ブルーハーツ」は共通言語であり、
ブルーハーツが好きな人に対して「あ、ブルーハーツ的だな」という
謎の感覚が訪れることがあります。

それは一体なんなのだろう?

おそらく、何かの価値観にちがいない。

そして、それは、きっと多くの、ブルーハーツが好きな人の節々の中にも感じられるはずだ。

一体何なのか、もっと深堀りしてみたい。

なので、たくさんの有名になった人たちの中で、ブルーハーツが好きだ、とか影響を受けた、とか何かしら
ポジティブな反応を示している人たちとブルーハーツの関係性を分析してみたい。

きっと、最後までそれが何なのかは、わからないだろうけど、、、、

「ブルーハーツ」がどんなものなのか、これだけ曲についての感想を述べ続けても、
言葉にできないけど
たくさんいろんな人の「ブルーハーツ」を
見ていくうちに、自分の中の「ブルーハーツ」がわかるかもしれない。


全曲の解説は終わりましたが、続けて、
「ブルーハーツな人たち」という企画をやっていきます。

ネットや雑誌からたくさん情報を集めて、その人なりにブルーハーツをどう捉えているのか、
影響を受けたとすればどんなところなのか、
ブルーハーツって、一体どんなことなんだろう、と言うのをたくさん取り上げていきます。


第一回は、国民的アイドル、SMAPのメンバーだった「中居正広さんとブルーハーツ」です。

お楽しみに!
posted by 荒井コウスケ at 20:55 | Comment(0) | ブルーハーツな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

僕はどこへ行った(作詞・作曲:不明)



これは、とても「未発表曲らしい」曲ですね。

作詞、作曲が誰なのかはわかりませんでした。詳しい方いれば教えてください!

ブルーハーツが歌わない詩の内容。
より、その陰の部分を投影している曲。

窓を開けように表現される、まだ出口が見えずにもがいている
ような、そんな時期の想いが反映されている。

歌詞の解説前ですが

「雷雨決行」の

真夜中何度も何回も
暗闇の中を手探りで
ドアノブを求めつまづいた
とにかく出口が欲しかった

の部分、これを歌っているのは、この当時のことでは?
そんな想像もされた。

冷静になって、今、当時を思い起こすと、
そんな気分だったなあ、なんて気持ちで作られたのかもしれない。

もしくは、何かのモデルがあるのではないか。
主人公は、死んでしまう前提なのか?そういう設定がありそうだと
も思わされる。

出だし

僕はどこへ行った
生きていることは確かだけれど
どこへ行ったらいいのかわからないまま
歩いて僕はどこへ行った


青い空に泣いた
何も知らないと笑われたいから
何を信じていいのかわからないまま
はげしく青い空に泣いた


これは、人生の岐路に立たされているような、若者の心情。
青い空、が出てくるのは、今の気分とのギャップの対比。

暗い気分に、容赦なく明るいイメージの青い澄んだ空。

泣いているのは、きっとそこに過去の明るいイメージを浮かべたから。

何も知らないと、笑われたい、というのが、自虐的のようで
ポジティブな言葉と思う。

本当は、今知っている事実だけの世界じゃないんだよ、と
希望を持とうとしている心情の表れではないだろうか。


君を胸に抱いた
うなずくだけで涙が出そうだ
僕が死んでも残る
ただひとつの確かなもの
君を胸に抱いた


恋をしていて、その中で、「余命宣告」をされたのか?
そう思わざるをえない、死んでも残るという、壮大な視点からの情景描写。

もしかしたら、そこまでのことはないにせよ、相当に落ち込み、気分が沈んだ時に
書かれた、嫌悪に近い心情を発露してできた曲に違いない。

この時代に溢れていた、「フォークソング」のような印象を受けた。
おそらく、ヒロトが歌わずに、フォークシンガーが歌えば、
そのままフォークソングになるだろう。

でも、もともと、メロディはフォークに違いのがブルーハーツなので、
それが色濃く出ている曲とも言える。

ヒロトはハイロウズ時代に、悲しみとかの感情をエンターテインメントに持ち込みたくない、って
発言していて、それはつまり歌にそういうのを持って行きたくなかったんだと思う。
だから、未発表になったんだろう。


posted by 荒井コウスケ at 23:00 | Comment(0) | 未発表曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png