E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png

2018年07月27日

第5回ブルーハーツな人たち「小沢一敬(スピードワゴン)」さん


今回のブルーハーツな人たちは、「芸能界一」と言ってもいいかもしれないぐらいのレベルで
彼らに関する発言の多い、
お笑い芸人・スピードワゴンの「小沢一敬」さんです。




5回目にしてこの人を持ってきていいのかどうか、迷ったというくらいです。
むしろ、最終章にふさわしい人なんじゃないかな、と。
そのくらい、この方のブルーハーツ愛はすごいです。

ただ、あまりもったいぶってもしょうがないので、もう早めに出します。
私、食事のとき、一番好きなものから食べるタイプで、後には持っていかない派です(笑)



高校2年の時、スピードワゴンの二人は、学園祭に来てくださいました。
当時は「あま〜〜〜〜い!!」がネタの主流でした。
だから、一応生で見たことはあります。小沢さんは覚えてないと思いますが(笑)



そして、またしても芸人さんですが、芸人をやっている友達に聞いたことがあるのですが、
ブルーハーツを好きな人は多いとのこと。
前回の松本さんといい、今回の小沢さんといい、
「お笑い」とブルーハーツの間には、

何か相関性が見られるのかもしれない。


小沢さんはおそらく芸能界一ブルーハーツ(ハイロウズやクロマニヨンズも含め)に関する
ツイートが多いので、そこからこの方のブルーハーツ感を読み解いていくとにする。


様々なインタビューを読ませてもらいましたが、
学生時代に、マーシーの好きなことをひたすら追いかけて、真似した、ということ。(リアルサウンドより:http://realsound.jp/2017/08/post-98979_3.html

中学の頃はマーシーの好きなものは全部見ないとって思っていて、『ザ・ブルーハーツ 1000の証拠』というブルーハーツのことがなんでも載っている本で、マーシーの好きな小説や映画を調べてました。そこからアレン・ギンズバーグやジャック・ケルアックのようなビートニク文学を読むようになったし、星新一や筒井康隆を知ったのも、ロバート・デ・ニーロが出てる『ディア・ハンター』を観たのも全部マーシーの影響です。



これ、すごいわかるんですよ。
なぜかというと、自分もそうだったから。好きなアーティストや、芸人の、好きなものが何かを調べて、それを取り入れたりした。
この方法って、実はかなりオススメでもある。一人で探すより、高確率で<アタリ>にたどり着ける。
自分が好きな人、というのは何かしらその人の感性に近いものがあって、好きなのである。
ということは自分が好きな人の好きなものは、自分も好きになる可能性が一から探すよりも、
響きやすいのである。


だから、自分もクラッシュとか、フーとかは、やっぱりブルーハーツから辿っていったし。
もともと、ハイロウズを知ったのだって、第1回と第2回のブルーハーツな人たちで取り上げた、ダウンタウンの松本さんとスマップの中居くんが主演の「伝説の教師」から流れてくる「青春」だった。

このドラマは、もともとダウンタウンの松本さんが好きで、見ていた。で、おそらく松本さんが彼らを好きだから、指定で主題歌になっているはず。



だから、自分に置き換えても、振り返れば、
もともと先に好きだったのはダウンタウンで、そこからブルーハーツにたどり着いたのだった。


好きなものがあって、その先にもっと好きなものが待っている、ということはあるだろう。


同インタビューの中で、ブルーハーツは義務教育にすべき、だとも言っている。
ここまで言い放ってるのは相当なもんだ。


言い過ぎかもしれないけど、ブルーハーツは義務教育にすべきだと思ってます。彼らの音楽を聴いて育てば、絶対みんな良いやつになるはず。僕からすれば、ブルーハーツに出会わない人生は想像できないんですよ。


ただし、僕は義務にした時点でそれはブルーハーツではない、
という考えだけども。
あの、ブルーハーツってものに出会った時の感じは、自分で見つけて欲しい。




【小沢さんの好きな曲はどれか?】

まずは、どの曲が一番好きなのか?





これはインタビューの中でも言っています。(スピードワゴンのキャラメルより:https://ameblo.jp/spwrecord/entry-10016454247.html

小:1番俺 ブルーハーツで好きな曲は「未来は僕らの手の中」
井:うん?うん?ローリング・・えっ?えっ?ローリングマンじゃないの?
小:ローリングマンは2番目に好きなの




<未来は僕らの手の中>
はやっぱりいいですよね、うん。
だって、生きてることが大好きで、意味もなくコーフンしてる、とか。
僕らは泣くために生まれたわけじゃない、って今でも通じるもん。




この時は、2番目はTHE ROLLING MANだったようですね。

ちなみに、相方である井戸田さんの方も、小沢さんと組む前のコンビで、出ばやしに「皆殺しのメロディ」を使っていた、
という記述があります。ということは、多少井戸田さんもブルーハーツが好きだったのかもしれない。

小:懐かしいでしょ?潤がさ〜俺とコンビ組む前にやってたコンビが「マグニチュード」ってコンビなのね
井:出囃子が〜
小:その時の出囃子が『HIGH KICKS 』の1曲目の「皆殺しのメロディ」って曲だもんね
井:そうそう








【小沢さんのロック・ツイート】

やたら、ツイートもブルーハーツを意識されているものが多い。

つい、私もリアクションしてしまいますが(笑)






→これはそのままクロマニヨンズの「今夜ロックンロールに殺されたい」だし。




→ビューんって、クロマニヨンズの「流線型」を意識していそう。




→これもそのままクロマニヨンズの「日本の夏ロックンロール」だし。





→時間はまるでジェットコースターは、ブルーハーツのダンスナンバーから。





一度、直接ご本人からこのブログも褒めていただいています。






【3ヶ月のTweetに見る、小沢さんの想い】


小沢さんのTweetに、実はファンだけにしかわからない、ブルーハーツやヒロト、マーシーに関連する言葉を交えたものがある。
2018年5月〜2018年7月の3ヶ月を見てみると、これだけ混じっていた。
普通の、ブルーハーツや彼らのことを知らない人が見たら、小沢さんの言葉に見えてるかもしれないですが、
小沢さんによるリスペクトカバーなのですよ。この言葉は。





「人にはそれぞれ事情がある」はマーシーのソロアルバムのタイトル。






これは微妙なラインだけど、ファーストアルバム・「パンクロック」から、
僕パンクロックが好きだ ああ優しいから好きなんだ










これはハイロウズ「夏なんだな」と、「そうか、そうだ」という曲のタイトル。






この写真の中にクロマニヨンズのアルバム「モンドロッチャ」が。





「外は春の雨が降って」はハンマーの歌詞から。



【小沢さんの仕事にも影響しているブルーハーツ】


ブルーハーツから受けた影響が、自身の芸風にまで発展していったというのを垣間見れる発言があった。

(Abema timesより:https://abematimes.com/posts/3862911

「甲本さんはイギリスのパンクバンド・THE CLASHのジョー・ストラマーに憧れ、ジョーになりたいと思っていました。そんな甲本さんが『若い頃ジョーになる方法を考えていました。それで分かったのが、ジョーになる方法はジョーにならないことだったんです』と言っていたんですね。オレらの世代(※小沢は44歳)はダウンタウンになりたくて入ってきた人が多いんですが、ダウンタウンを真似ていた人は皆いなくなっているんです。何かになりたかったとしても、結局その人にはなれないってことで……。まあ、のんびりいこうぜってことで(笑)」


リンダリンダを歌う小沢さん。歌下手という趣旨なので、番組的にわざと外している可能性が高いです。
1000のバイオリン、を歌っている時はうまかったので。





【小沢さんは二人に会ったことがあるのか?】


小沢さんの彼らにあったことがあるよう。
でもそこで、ただのファンで終わりたくない、というのがあったみたいだ。
(ワイドナショー発言・コメント集より:http://widenashow2015.jp/?mode=m&no=273

好きなんです。甲本ヒロトさんと真島昌利さんと、偶然、飛行機ん中で一緒になったことがあって。で、ちょうどこの通路はさんで、僕とバナナマンの設楽さんが座ってたんですよ。で、ヒロトさんとマーシーさんがいて。

で、僕ら2人でクロマニヨンズとか HIGH-LOWS とか…その当時 HIGH-LOWS ですけど、HIGH-LOWS のライブ行くぐらい好きだったから。設楽さんが「オザ、ヒロトと握手してもらおうぜ」って言ったんですよ。

で、僕は「そんな握手なんかしてもらったら、ただのファンで終わっちゃうからやめましょう。もっと別の機会で出会えるかもしんないから」って言ってたんですけど。

設楽さんが「おい気持ち悪いよそういうの」っつって。「ちょっとどけよ。握手してもらうから」っつって「すいませんヒロトさん、握手してください」っつったら、ヒロトさんが「いいよ」って…握手してくれたんですよ。その瞬間僕も「あー僕もお願いします!」って言ったんですけどね。
佐々木:
身替り早いですねー。
小沢:
そん時に…(松本に)ちょっと失礼していいですか?普通握手ってこうじゃないですか。ヒロトさんって、ぎゅって…

松本:
あーおるおる、そういう人。ぎゅっとする人。
佐々木:
へぇ~。
小沢:
その時に(胸が)ぎゅっとされたんですよ。
佐々木:
射抜かれました?
小沢:
心を。
松本:
ハハハ笑
小沢:
それからサインとか握手は絶対そういうふうにしようって、僕は決めましたね。
松本:
あ、ぎゅってやるんや。
小沢:
絶対僕もぎゅってやるようにしてます。
松本:
へぇー。



心変わりの早さ(笑)
これ聞いて、もし、自分が二人にどこかで会うなら、どうするのかな?って考えたけど、
多分小沢さんに近い感覚になる気がする。
もしくは、とにかく僕の人生は二人のおかげで楽しいものになった、ありがとうございます、
だけ言いたいかな。
あまり時間取らせたくないし、もし関わるなら実際に二人にとって、楽しい時間になるような
形で関わることができたらこちらも楽しいし嬉しい。
例えば、このブログからイベントをやったっていいな、とも思う。

まあ、二人とも祭り上げられるの好きじゃないかもしんないけど。

ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズのコピーバンドを全国から集めて、
ひたすら順番に演奏して、最後に二人が登場する、みたいなの楽しいかも、とか妄想したり。

その時は、小沢さんにも来てもらって。


まだまだ小沢さんの、彼ら二人への想いは書ききれてないですが、
今度は直接、小沢さんにお会いできた時に、聞いてみたいと思っています。
いろいろ。むちゃくちゃ好きだからこそできるインタビューをしてみたい。





オマケ:
お笑いで「マーシー」というと例の田代マーシーの方が出てきてしまうみたいで、
この記事は笑ったw

https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/20/0008910657.shtml


「大迷惑」と描かれている時点で、犯罪歴は置いておいて、
そこそこ芸人としては活躍されていたと思うが、全く後輩芸人からリスペクトされてないことが
垣間見れる。(そりゃそーか笑)


↑この本も面白かったです。






posted by 荒井コウスケ at 22:00 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

第4回ブルーハーツな人たち「落合陽一」さん





今回取り上げるのは、メディアアーティストの落合陽一さんとブルーハーツ、です。


落合 陽一(おちあい よういち、1987年9月16日 - )は、日本の研究者、大学教員、博士(学際情報学)、メディアアーティスト、実業家。ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長、筑波大学 学長補佐・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長・図書館情報メディア系 准教授 デジタルネイチャー研究室主宰[1]、人工知能科学センター研究員、知的コミュニティ基盤研究センター研究員、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授、VRコンソーシアム理事、一般社団法人未踏理事、電通ISIDメディアアルケミスト、博報堂プロダクツフェロー、その他多数。(Wikepediaより)



落合陽一さんの存在を、初めて意識したのは、田原総一郎さんがファシリテートする、朝まで生テレビでした。
(ちなみに発狂前の豊田真由子さんも参加しています)

そこで、なんかLIVEの時のヒロトっぽいな、と思ったことが最初の印象です。

こちらの動画をご覧ください、ヒロトが舌を出して目を見開きながらクレイジーにロックしている時と似ています。
思考とかではなく、まあ、完全に見た目の話ですが(笑)



そこから、単純に発言の切れ味とわかりやすさから、
本なども読むようになったり、普通に興味深い人、としてその活躍を追っていきました。

その生き方が本質的なところを意識しているし、個性抜群だし、もしかして、
ブルーハーツのことも好きなんじゃないかな、と仮説を立てました。

それでTwitterを調べていくと、ビンゴでした。

発言をまとめてみました。





「ハンマー」の歌詞を引用している2つのTweet。(他にもハンマーの歌詞をツイートしていたので、よっぽどこのハンマーのこのマーシーが叫ぶところがお好きなのかもしれません)










解説するまでもないかもしれませんが、これは「リンダリンダ」からですね。




また、過去の研究で、落合さんがホタルとゴキブリの違いを語った作品の中で、
このリンダリンダの言葉を意識したであるものも見受けられました。

ほたるの価値は? 命の価値は?
みんな,命の大切さを問うくせにきっちり線引きをする.
ドブネズミみたいにうつくしいのは許されて,なんでかとおもうけど,今年も問い続ける毎日.


https://ochyai.wordpress.com/2011/04/22/do-the-cocktorches-dream-of-firebugs2/


「TRAIN-TRAIN」を意識したと思われるTweet。








そして、こちらは私もめちゃめちゃ好きな曲の一つ、「世界の真ん中」から。





以下は、ブルーハーツを相当聞き込んでいることが、わかる発言。
「1001のバイオリン」の良さに、移行するほど、1000のバイオリンを聞いていた、ってことだから。
そして、自分もこのパターンだった。ヒロトの声がよく聞こえて、なんとなくバイオリンの音色に歌詞の壮大さがマッチした瞬間があって、
感動する。







また、実際にご本人にメッセージしたところ、
なんと返信をいただきました。しかもすぐに。







このレスポンスのスピードは、かなり好きな人じゃないとできないことです。
落合さんも、相当、ブルーハーツを聞いていたんだろうな、と思ったのと同時に、
ブルーハーツの歌詞って、つぶやきたくなるんですよね、なぜか。

多分、少ない言葉で本質を捉えてるから、その時の気持ちに合致した時に、つぶやきやすいワードがチョイスされているんだと思う。

自分も、Twitterをやってない、高校時代には、特に教科書にひたすら歌詞を書いていたりしました。
誰が見ているわけでもないんですが、そこに歌詞を書くことで、何か自分の思考の本質が見えるのかもしれない、
と無意識に感じていました。だから、気持ちがわかります。

で、この発言を調べるために、かなり遡って落合さんのTwitterを見たんですが、
まず一つは、人間が好きなんだろうな、ということ。そして、熱い気持ちを持っている人であること。

また、詩的でバンドとかも組んでいたり、ジョンレノンや清志郎への発言もあったりして、
音楽もかなり好きな人だということがわかった。


今後も、落合さんを追っていきたい。また、ブルーハーツについても、もう少し言及したらより深く探ってみたい。

また一つ、「ブルーハーツ的な何か」が、見つかるかもしれない。
posted by 荒井コウスケ at 22:00 | Comment(5) | ブルーハーツな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

第3回ブルーハーツな人たち「寺尾玄(バルミューダ株式会社・代表取締役社長)」さん

第3回ブルーハーツな人たち、は

シンプルかつおしゃれで実用的な家電製品を作り続ける、
株式会社バルミューダ社長の寺尾玄氏です。






バルミューダ社の製品↓




ブルーハーツの事を調べているわけでもなく、
たまたま手に取ったこの本。






最初の一ページは、こんな言葉で始まる。


「導火線に火がついたのは いつだったろうか 中学生の頃か 生まれる前か」

「夜の扉を開けていこう 支配者たちはイビキをかいてる
何度でも夏の匂いを嗅ごう 危ない橋を渡ってきたんだ」



そうだ、これはブルーハーツの、旅人と、1000のバイオリンの歌詞だ。


だから、ピンときた。
ああ、たぶんこの人もきっと、ブルーハーツから何かを感じている人の一人で、
もしかしたら、その感性はこれらバルミューダの製品にも通じているんじゃないかと。

これらの既存の枠にとらわれない
製品は

すべて感性のなせるものだ。


読み進めていくと、やっぱり、ブルーハーツのことが出てきた。

何も知らない人が今の自分を見たら、惨めな境遇だと思うかもしれない。しかし絶対に違う。トランクの中に、夢の扇風機を持って歩いている。人生最大の可能性を持って歩いている。そう自分に言い聞かせていた。  当時、私は先の見えない道を全力で走った。絶対にうまくいくアイディアだ。発売までこぎつけさえすれば、絶対にうまくいくのだ。ただ同時に、時間は無くなり続けていた。  夢が近づいているのか、遠のいているのか、分からなかった。半年後、自分たちがどうなっているのか、会社がどうなっているのか、分からなかった。会社はなくなっているのだろうか? それとも扇風機を売って、未来を切り開いているのだろうか? のるかそるかだった。  ブルーハーツの作品に「キスしてほしい」という名曲がある。この時期、私の頭の中でずっと鳴り続けていた曲だ。  どこまで行くの 僕達今夜  このままずっと ここに居るのか   はちきれそうだ とび出しそうだ  生きているのが すばらしすぎる  見えない未来に向かって、がむしゃらに頑張っていると、最後には爽快感だけが残った。あんなにも、自分の生命を感じながら過ごした日々はない。生きてて良かったと、心から思った。(行こう、どこにもなかった方法で/寺尾玄著 より)


もともと、寺尾氏はバンドを組んでいて、本気でメジャーデビューを目指していたと書いてあった。
そして、実際に、惜しいところまで行ったと。
だけども、20代後半で、その夢を諦めた。
そこから、バルミューダのストーリーは始まった。

きになる方は、是非この方の本を読んでみてほしい。

製品説明会では、ブルーハーツの曲を使って、場を盛り上げる一面もあるよう。


日本の家電ベンチャーの雄 バルミューダが空気清浄機
「JetClean(ジェットクリーン)」を発表


開演前の会場に流れるブルーハーツの楽曲、アップテンポなサウンドとスライドショーを組み合わせたオープニングなど、4月の発表会を思わせる演出でスタートしたこの日のイベント。


との記載がある。

また、寺尾氏の、カンブリア宮殿出演時の発言で、
そっくりヒロトが以前言っていたことと全く同じ表現を使っていたことがあり、
意識している、していないは別として、やはりブルーハーツイズムの根づいた社長なんだと思った。

バルミューダ寺尾社長の原動力は「褒められたい」

「楽」という字を思い浮かべてみてください。あれは「たのしい」とも「らく」とも読めますよね。でもこの2つ、私は真逆だと思っているんです。だって、楽なときって絶対楽しくないし、楽しいときって絶対楽じゃないんです。


一方でヒロトが過去に発言していたのはこうだ。

いろいろなところで人に聞かれるんだよ。
「楽しきゃいいのか?」って。

いいんだよ。
そのかわり、
楽じゃないんだよって。

漢字で書いたら同じじゃんって。
でもね、楽しいと楽は違うよ。
楽しいと楽は対極だよ。

楽しいことがしたいんだったら、
楽はしちゃダメだと思うよ。

楽しいことがやりたいと思った時点で、
楽な道からはそれるんだよ。




寺尾氏も、この言葉を見てないわけないと思う。


だから、バルミューダの製品のどこかにも、
もしかしたらブルーハーツ的な何かのイズムが、備わっているのかもしれない。

革新的な何かを作り上げるとき、そこに一種のパンク性が必要だろう。
既存のものにとらわれず、個を貫く、という。

とまあ、無理やりにでも結びつけただけですが。

とにかくは、寺尾社長の言葉や、著作から放たれているメッセージに、ブルーハーツから受け取るものに近い何かを感じた。



寺尾社長の経営する、バルミューダ株式会社のHPはこちら


バルミューダを扱った本もあります↓


posted by 荒井コウスケ at 22:55 | Comment(4) | ブルーハーツな人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
E58B89E5BCB7E382ABE38395E382A7E383ADE382B4-thumbnail2.png